ブックタイトルTSUMURA_CSR_2013

ページ
14/60

このページは TSUMURA_CSR_2013 の電子ブックに掲載されている14ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

TSUMURA_CSR_2013

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

TSUMURA_CSR_2013

漢方とは漢方製剤医療用漢方製剤は148処方が薬価収載されています。ツムラはそのうち、129処方(うち軟膏剤1処方)を製造・販売しています。医薬品としての科学的な解明が進み、医療現場における漢方の普及は着実に進んでいます。原料生薬ツムラ医療用漢方製剤の生産にあたり、119種の原料生薬などを取り扱っています。生薬には医薬品の原料としての品質が求められます。漢方薬の組成ショウカンロンキンキヨウリャク一般的に、漢方薬は「傷寒論」や「金匱要略」などの古典に則り、配合する生薬やその配合比を決めています。また、使用する目安(体の症状)についても、古典に記されています。古典に則り生薬を配合する▲ツムラ根湯エキス顆粒(医療用)のカタログの一部▲約1800年前に編さんされた「傷寒論」に記載されている根湯の解説部分13コーポレートレポート2013