ブックタイトルTSUMURA_CSR_2013

ページ
18/60

このページは TSUMURA_CSR_2013 の電子ブックに掲載されている18ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

TSUMURA_CSR_2013

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

TSUMURA_CSR_2013

漢方・生薬事業漢方製剤は、原料生薬の栽培から始まり、エキス製剤を製造・販売するという長い時間と工程を経て、医療機関、患者様に届けられます。理念に基づく経営のもと、多様なステークホルダーとのコミュニケーションを深め、社会に存在するさまざまな課題を認識し、本業である漢方・生薬事業を通じてその課題解決に取り組み、社会とともに持続的な発展に努めることが、ツムラが果たすべき社会的責任(ツムラCSR)です。生薬栽培・調達P19~●自社管理圃場の拡大(日本・中国・ラオス)●安全な生薬の生産管理体制の確立●生薬の加工・品質管理体制の強化および効率化●原料生薬の価格の安定化ツムラの取り組み主なステークホルダー●生産者●取引先●栽培地域●従業員社会的課題と創造される価値社会●一次産業の再生(農業振興)●雇用機会創出(高齢者、障がい者を含む多様な人財の活用)●休耕地の活用による地域社会の活性化●生薬品種の資源量保全●生態系・生物多様性の保全●途上国への技術移転/インフラ整備●栽培技術向上・学術的発展への貢献ツムラ●安全で安心できる生薬の安定確保17コーポレートレポート2013