ブックタイトルTSUMURA_CSR_2013

ページ
36/60

このページは TSUMURA_CSR_2013 の電子ブックに掲載されている36ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

TSUMURA_CSR_2013

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

TSUMURA_CSR_2013

漢方・生薬事業女性の方々を対象とした活動「女性のための漢方セミナー」への協賛地元のテレビ局や新聞社の主催により、全国7ヵ所で開催されています。女性特有の症状や病気の基本情報と漢方治療について、医師とタレントのトークショーを交えながら、わかりやすく紹介されています。2012年度は、合計8,937名の皆様にご参加いただきました。さらにこの内容は、テレビ番組や新聞紙面を通じてより多くの方々に伝えられています。認知症をテーマとした活動「認知症フォーラム」への協賛NHK厚生文化事業団・読売新聞社の主催により毎年全国4~5ヶ所で開催されています。フォーラムでは認知症の基礎知識や最新医療情報、各地域における取り組みなどが紹介されています。2012年度は合計4,544名の皆様にご参加いただきました。「認知症フォーラム.com」への協賛動画でわかりやすく認知症を知るサイトです。各地で開催された「認知症フォーラム」の内容が動画で視聴できるほか、認知症に関するさまざまな情報を高品質な動画で見ることができます。女性のための漢方セミナー「漢方ビュー」への協賛女性のための漢方のポータルサイトです。漢方の基本的な情報や、さまざまな症状や病気を西洋医学と漢方医学の両面から解説するコーナーや、実際に漢方薬を処方している医師へのインタビューなど、主に女性の健康と漢方に関する幅広い情報が網羅されており、アクセス数は年々増加しています。http://www.ninchisho-forum.comがんをテーマとした活動http://www.kampo-view.comご高齢の方々を対象とした活動「NHKエデュケーショナル健康応援フェスタ」への協賛NHKエデュケーショナルの主催により「漢方と西洋医学の新たな融合」をテーマに開催されています。各分野の専門医師から加齢に伴うさまざまな症状や病気の対処法と最新情報について紹介されています。2012年度は東京と札幌で開催され、合計1,693名の皆様にご参加いただきました。「フォーラムがんと生きる」への協賛2013年から始った「フォーラムがんと生きる」はNHKエンタープライズ・読売新聞社の主催により開催されています。日々進化するがん治療と副作用への対処法や緩和ケアなど、最新の医療情報とともに本人に寄り添う支援のあり方について、医療関係者、当事者の方などが語り合うフォーラムです。フォーラムがんと生きる35コーポレートレポート2013