ブックタイトルTSUMURA_CSR_2013

ページ
44/60

このページは TSUMURA_CSR_2013 の電子ブックに掲載されている44ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

TSUMURA_CSR_2013

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

TSUMURA_CSR_2013

対談生薬栽培を通じた事業への価値、社会への価値漢方製剤の安定供給は原料である生薬の生産なしには実現しません。生薬の安定調達は、持続可能な事業の成長に向けた重要な経営課題のひとつです。中国や国内における生薬調達の現場の模様を、担当者が経験を交えて語りあい、ツムラグループの取り組みが生みだす価値について考えました。技術指導は、環境を守り持続可能な農業につながる当なので、同じ生薬調達の業務でも、かなり様子が違うように思います。能勢中国での私の担当は北方地域の吉林省や黒竜江省、それに内モンゴルです。内モンゴルな吉澤漢方薬は中国が起源なので、重要な原料生薬の中には、日本にはない環境で育つ生薬があります。能勢さんは2ヵ月に1回くらいは中国に出張していますね。私は国内の生産拠点が主な担どは砂漠地帯という言葉がぴったりくる環境で、夏はものすごく暑くて冬は極度に寒い。気候的にかなり過酷な地域であるうえに、微妙な均衡によって環境が保たれている土地も多いです。43コーポレートレポート2013