ブックタイトルTSUMURA_CSR_2013

ページ
53/60

このページは TSUMURA_CSR_2013 の電子ブックに掲載されている53ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

TSUMURA_CSR_2013

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

TSUMURA_CSR_2013

環境資本政策水資源保護静岡・茨城両工場、上海津村では漢方エキス抽出液の濃縮工程において、冷却水を回収し再利用しています。2012年度の濃縮工程冷却水の回収率は静岡工場55.9%、茨城工場54.0%、上海津村54.4%でした。また、排水処理後の処理水をウォータースクラバー※や雑用水系へ再利用しています。事業概要※ウォータースクラバー:排出ガスを水で洗浄し、大気に放出される有害物質を除去する装置■水使用量(上水・工業用水・地下水)と排水量(千t)(t/t)3,6002702502503,2002402,8002101901901802,4001,7281801,6011,4831,5651,5282,0001,4556211,3791503461,2741,600623348 1,2285665643501,1321203152921,200303908009781,1081,2191,179608899191,02982995993740030002008 2009 2010 2011 2012(年度)【水使用量】グループ会社ツムラ【排水量】グループ会社ツムラ【水使用量原単位】ツムラグループ化学物質管理/大気汚染・水質汚濁防止人々の健康をサポートする企業として、化学物質管理や環境汚染物質の排出削減など、健やかな環境づくりへの取り組みをツムラグループ全体で進めています。化学物質管理化学物質の有害性に応じて購入・使用禁止・削減なで一部使用するのみとなりました。どの自主基準を定めた「ツムラ化学物質管理基準」に化学物質はイントラネット上の「試薬販売モール」■水使用量(上水・工業用水・地下水)と排水量基づき、使用量の把握、代替化を進めています。そのを通じて購入することで、保有する物質量を把握・管(千t)結果、使用する化学物質のうち、PRTR制度(化学物質2,500排出移動量届出0.25 250制度)の対象物質0.25 250は、アセトニトリルと2,400塩化第二鉄のみとなりました。アセトニトリルは1,7281,601原料生薬から製品1,455に至るまでの成分試1,483験において溶2,000媒として使用しています。また、6211,379塩化第二鉄は排水処623理1,600施設で凝集剤として566使用しています。564350継続的に代替物質への転換を進めていたクロロホ1,200ルムは、茨城工場では全廃し、静岡工場では製剤試験理しています。(t/t)250その他、(M)SDS※の定期的更新、法規制教育、パトロール、緊急時対応訓練など運用管理の向上に取240り組んでいます。また、1,565190酸・アルカリ、1,528劇物も適正に管理190200しています。1801903461,2743481,2281,132※(M)SDS:(製品)安全データシート[(Material)Safety Data Sheet]化学物160質の性状および取り扱いに関する情315報を記載した化学物質安全性データシート292303120漢方とは漢方・生薬事業人的資本政策環境資本政策コーポレート・ガバナンス80080大気汚染・水質汚濁防止400生産拠点では、大気汚染と水質汚濁の防止のために、国内および現地の関連法規制を遵守するだけでなく、厳0しい自主基準値を設定し、それに基づく管理を行っています。各拠点における排水への水質汚濁物質排出量については、社内測定と外部環境計量証明事業所により定期的に測定し、基準値を下回ることを確認しています。また、ばい煙についても、同様に外部環境計量証明事業所の定期測定により、基準値を下回ることを確認しています。400コーポレートレポート2013 52