ブックタイトルTSUMURA_CSR_2013

ページ
55/60

このページは TSUMURA_CSR_2013 の電子ブックに掲載されている55ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

TSUMURA_CSR_2013

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

TSUMURA_CSR_2013

環境資本政策地域コミュニケーション良き企業市民として、社会との共生を目的としたさまざまな社会貢献活動、支援などを積極的に行っています。事業概要土佐ツムラの森生薬栽培地の自然環境保護および地域の方々との交流を目的に、2008年6月から高知県「協働の森づくり事業」に参画しています。企業と地域が協働して森林再生と地域交流の促進を目指すもので、高知県・越知町・生薬栽培団体である「ヒューマンライフ土佐」とパートナーズ協定を締結し、越知町内の森林58.5haを「土佐ツムラの森」と名づけて環境保全活動の支援を行っています。2012年度は、10月に越知中学校の生徒と教職員の皆さん23名が参加して、生薬栽培のフィールドを活用した出前授業を行いました。また、3月には、越知中学校1年生40名が、活動記念として越知の食材である野菜の模型を作成しました。今後も生薬栽培地の自然を守るお手伝いや自然体験など地域の方々との信頼関係を築く活動をしていきます。高校生夕張キャンプ東京都教育庁と夕張市役所は、青少年の健全育成の実現に貢献することを目的として、北海道と東京都の高校生を対象に高校生夕張キャンプを実施しています。今年で2回目の開催となる夕張キャンプは、高校生の未来への洞察力、発想力、行動力を培うプログラムとして、夕張市の自然、歴史、文化、施設、産業等を夕張市民とともに体験する内容となっています。夕張ツムラは生薬の栽培・収穫の体験や生薬の加工場見学に高校生を受け入れ、漢方・生薬事業を通したコミュニケーションにより、このキャンプに参画しています。ソヨウ蘇葉収穫漢方とは漢方・生薬事業人的資本政策環境資本政策出前授業アサザプロジェクト茨城工場・研究地区では、霞ヶ浦周辺の環境保全活動として、2004年度からNPO法人「アサザ基金」による、アサザプロジェクトに参加しています。NPO・NGOとの協働・支援・寄付活動財団法人「世界自然保護基金ジャパン(WWFJapan)」、社団法人「青少年交友協会」、財団法人「オイスカ」の活動を支援しています。また、エコキャップ推進ネットワークやエコキャップ推進協会を通じて、発展途上国の子供たちにポリオなどのワクチンを届ける「エコキャップ運動」に参加しています。2012年度は約467Kg、ポリオワクチンおよそ234名分に相当するキャップを提供しました。2013年4月に発生し多数の被害を出した中国四川省地震への義援金として、中華人民共和国駐日本大使館を通じて500万円寄付しました。また、ラオスにおける子供たちの教育環境の向上を目的として、NPO法人「ラオスのこども」や学生社会起業団体「STUDY FOR TWO」への寄付を行っているほか、さまざまな活動を支援しています。コーポレート・ガバナンスコーポレートレポート2013 54