ブックタイトルTSUMURA_CSR_2013

ページ
56/60

このページは TSUMURA_CSR_2013 の電子ブックに掲載されている56ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

TSUMURA_CSR_2013

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

TSUMURA_CSR_2013

コーポレート・ガバナンス「自然と健康を科学する」という経営理念のもと、持続的に成長・発展し社会的責任を果たすため、コーポレート・ガバナンス体制の強化を経営上の重要な課題のひとつと位置づけています。コーポレート・ガバナンスに関する基本方針取締役における監督機能と執行役員における業務執行機能を明確にするため執行役員制度を導入し、経営環境の変化に機敏に対応する経営体制を構築するとともに、今後も現行制度のもとで経営の透明性・効率性・健全性の一層の充実を図ります。■コーポレート・ガバナンス体制図選任解任会計監査人会計監査選任解任報告監査監査役会(監査役)内部統制室内部監査監査室株主総会選任解任報告取締役会(取締役)監督付議/報告常務会執行役員指示/監督指示/方針提示リスク管理委員会業務担当部門、グループ会社コンプライアンス委員会指示/方針提示情報開示委員会コーポレート・ガバナンスの強化に向けて社外取締役の選任取締役会の監督機能の強化を通じ、より競争力を高め企業価値を向上させることを目的に、2013年3月期より新たに社外取締役を設置しています。当社以外の企業の経営に精通した人財が独立した立場から経営に参加することで、さらなる取締役会の議論の活性化と経営の監督機能の強化が図れるものと考えています。社外監査役の選任監査役設置会社である当社は、4名の監査役が経営の監査・監督を行い、うち2名については社外監査役として弁護士および公認会計士を選任しています。独立性および専門性の高い社外監査役を選任しており、経営監視機能の客観性・中立性が確保されていると考えています。社外取締役杉本茂2012年6月にツムラの社外取締役に就任してから、医療用漢方製剤がいかに世の中で必要とされているか、ツムラがいかに高い評価を得ているかを実感しています。その評価を守り、高めるうえで、社外取締役としての私の役割は極めて重要であると認識しています。取締役就任後、すべての取締役会に出席しており、私のほか2名の社外監査役も含め、どの取締役、監査役も自由に意見を述べていることは自信をもってご報告できます。私自身は、公認会計士、税理士という立場から意見を述べていますが、漢方・生薬事業についてわからないことや疑問に思うことがあれば、積極的に質問をしています。専門外の立場からの質問は、社内の人間が当たり前だと考えているような事柄に対する問いかけも含まれます。外部の視点が議論に新たな刺激をもたらすことも多々あり、取締役会は毎回活気があります。ダイケンチュウトウ私は、以前大建中湯を服用していたことから、取締役就任前から漢方製剤に対する親しみを感じていました。実際に経営に参加して、収益構造や経営課題などの面において、漢方・生薬事業ならではの独自性や強みがあることを発見しました。直面する課題はしっかりと認識しながらも、社内は明るい雰囲気に溢れており、将来は大いに期待できると考えています。55コーポレートレポート2013