ブックタイトルツムラグループ コーポレートレポート 2014

ページ
2/60

このページは ツムラグループ コーポレートレポート 2014 の電子ブックに掲載されている2ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ツムラグループ コーポレートレポート 2014

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

ツムラグループ コーポレートレポート 2014

編集方針 当社はステークホルダーの皆様への情報開示を目的として、2005年度から継続して「環境・社会活動報告書」を発行しています。 2013年度から「コーポレートレポート」と名称を改め、当社の基本的な情報に加え、目指す将来像とそれを実現するための取り組みを中心とした構成にしています。 また、当社グループが事業活動を通じてさまざまな社会的課題を解決し、社会との共有価値創造と持続可能な発展へ貢献するという事業構造を「ツムラの価値創造サイクル」として明確にしました(P11?12参照)。 本レポートは、環境省「環境報告ガイドライン(2012年版)」とGR「I サステナビリティレポーティングガイドライン(第3.1版)」を参考にしています。 本レポートで「当社」とはツムラ単体を指し、「ツムラグループ」とはツムラおよびグループ会社を指します。第三者による検証を実施し、確認を行ったデータなどについては     を付記しています。過去5年間の環境データは、ホームページに掲載しています。 報告書によって提供される資料ならびに情報は、いわゆる「見通し情報」を含みます。将来の予測等に関する各数値は、現時点で入手可能な情報に基づく弊社の判断や仮定によるものであり、リスクおよび不確実性が含まれています。従って、実際の業績等は予想値とは異なる結果となる可能性があります。 また、医薬品に関する情報が含まれていますが、その内容は宣伝広告、医学的アドバイスを目的としているものではありません。経営理念コーポレートレポート 2014