ブックタイトルツムラグループ コーポレートレポート 2014

ページ
31/60

このページは ツムラグループ コーポレートレポート 2014 の電子ブックに掲載されている31ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ツムラグループ コーポレートレポート 2014

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

ツムラグループ コーポレートレポート 2014

理念に基づく経営20122013年度2014年度2016 2019“漢方”のツムラ国内のどの医療機関・診療科においても、患者様が必要に応じて“漢方”を取り入れた治療を受けられる医療現場の実現に貢献“人”のツムラ世界に手本のない“漢方”ビジネスにおいて、自らが新しい道を開拓でき、誰からも信頼される“人”の企業集団へ“グローバル・ニッチ”のTSUMURAツムラグループの持つ技術・ノウハウを最大限活用し、米国におけるTU-100(大ダイケンチュウトウ建中湯)の開発・上市“KAMPO”で人々の健康に寄与する価値創造企業を目指して実現へのロードマップ 10年後のあるべき姿として「“KAMPO”で人々の健康に寄与する価値創造企業を目指して」というテーマのもと、長期的な経営ビジョン( 2021年ビジョン)を掲げました。 企業の価値創造を「“漢方”のツムラ 」「“人”のツムラ」「 “グローバル・ニッチ”のTSUMURA」の3つの視点から推進していきます。 長期経営ビジョンの実現に向けたマイルストーンとして、中期経営計画を策定しています。 2012-2015年度の第1期中期経営計画では「価値創造に向けた成長基盤の強化」、2016-2018年度の第2期では「国内市場を基盤とした安定的成長」、2019-2021年度の第3期では「海外市場を含めさらなる成長に向けた新ステージへ」をテーマとして掲げました。長期経営ビジョン ~ 2 0 21 年ビジョン~ビジョンコーポレートレポート 2014漢方とはツムラCSR 漢方・生薬事業理念に基づく経営財務資本政策人的資本政策環境資本政策コーポレート・ガバナンス