ブックタイトルツムラグループ コーポレートレポート 2014

ページ
44/60

このページは ツムラグループ コーポレートレポート 2014 の電子ブックに掲載されている44ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ツムラグループ コーポレートレポート 2014

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

ツムラグループ コーポレートレポート 2014

 仕事と子育ての両立を支援するため、育児休業制度の充実を図っています。育児休業は子供が満2歳に達するまで取得することができます。育児休業期間中はスムーズな職場復帰が図れるように育児休業者復帰支援プログラムを利用できます。2013年度の育児休業後の復職率は2012年度に引き続き100%でした。 多様なライフスタイルや子育て、介護といった人生の各段階におけるニーズに対応し、仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)を実現するために、休業・休暇制度の整備や有給休暇取得の推奨、ノー残業デーなどさまざまな取り組みを行い、時間を有効に活用できる、働きやすい職場環境を目指しています。育児休業制度 養育している小学生までの子供が、傷病で看護が必要な場合や予防接種・健康診断を受診する場合は看護休暇、また家族に介護が必要な場合は介護休暇として、1年間につき5日、介護・看護を必要とされる方が2名以上であれば10日まで介護・看護休暇を取得することができます。介護・看護休暇制度 骨髄バンクを通じてドナーとなることを希望する従業員に対し、ドナーとなりやすい環境を作る骨髄ドナー休暇制度があります。骨髄ドナー休暇制度 年次有給休暇を発生から2年間取得しなかった場合には、最高40日まで自動的に積立・保存される失効有給休暇制度を導入しています。失効有給休暇は、私傷病で一定期間勤務できない場合に利用できます。また、養育している小学生までの子が予防接種・健康診断を受診する場合や介護休暇としても利用できます。 2013年度の失効有給休暇の取得日数は1,061日でした。失効有給休暇の活用休業・休暇制度※ 単体の制度・実績を表記しています■ 労働時間・休日関連データ11.616.6203.81,911.711.417.6190.41,898.510.917.0181.61,902.210.415.8179.41,909.510.816.8202.91,924.5年間組合員平均2009年度2010年度2011年度2012年度2013年度有給休暇取得日数代休・特休を含む取得日数残業時間(休出含む)総実労働時間所定労働時間■ 第4期次世代育成支援行動計画と実績新任管理職を中心に次世代育成に2013年4月新任管理職研修で、次世代育成に関する社内制度を説明した。関する周知を行う目標1目標2目標3目標4イントラネットの育児の情報ページを充実するイントラネットの介護の情報ページを作成する目標2、目標3の周知を行うイントラネット上に産休・育休に伴う提出書類を明確にしページを充実させた。また男性社員の育児および管理職向けの育児に関するページを充実させた。介護のページに、社内報で掲載された介護情報や介護セミナーの内容を掲載した。社内報、イントラネットで目標2、目標3の周知を行った。1,836.75 1,844.50 1,852.25 1,852.25 1852.25計画(2012年4月1日~2015年1月31日) 実績(2013年度)■ 労働時間・休日関連データ11.616.6203.81,911.711.417.6190.41,898.510.917.0181.61,902.210.415.8179.41,909.510.816.8202.91,924.5年間組合員平均2009年度2010年度2011年度2012年度2013年度有給休暇取得日数代休・特休を含む取得日数残業時間(休出含む)総実労働時間所定労働時間■ 第4期次世代育成支援行動計画と実績新任管理職を中心に次世代育成に2013年4月新任管理職研修で、次世代育成に関する社内制度を説明した。関する周知を行う目標1目標2目標3目標4イントラネットの育児の情報ページを充実するイントラネットの介護の情報ページを作成する目標2、目標3の周知を行うイントラネット上に産休・育休に伴う提出書類を明確にしページを充実させた。また男性社員の育児および管理職向けの育児に関するページを充実させた。介護のページに、社内報で掲載された介護情報や介護セミナーの内容を掲載した。社内報、イントラネットで目標2、目標3の周知を行った。1,836.75 1,844.50 1,852.25 1,852.25 1852.25計画(2012年4月1日~2015年1月31日) 実績(2013年度)コーポレートレポート 2014