ブックタイトルツムラグループ コーポレートレポート 2014

ページ
47/60

このページは ツムラグループ コーポレートレポート 2014 の電子ブックに掲載されている47ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ツムラグループ コーポレートレポート 2014

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

ツムラグループ コーポレートレポート 2014

環境資本政策 産業廃棄物(特別管理産業廃棄物含む)の再資源化率※100%をゼロエミッションと定義しています。排出する廃棄物については、適切な廃棄物処理業者を選定し可能な限り最終処分量の削減を進めています。産業廃棄物の90%以上を占める生薬残さも有価物へ転換することにより、廃棄物排出量の削減に努めています。 国内グループ会社では、産業廃棄物の有価物化とゼロエミッションの達成・維持に向けて、より一層活動を推進していきます。また、生薬栽培から製造に至るまで、自然の恵みである水を大量に使用しており、水の効率的利用による使用量削減と循環利用の推進を定量目標に掲げて、水資源の保護に取り組んでいます。省資源対策中期環境目標( 2013 ~2015年度)の達成に向けた取り組み※ 産業廃棄物再資源化率[%]:産業廃棄物再資源化量/産業廃棄物排出量×100テーマ省エネルギー・地球温暖化対策省資源対策エネルギー使用量原単位※の低減温室効果ガス排出量の削減廃棄物削減水資源保護2012年度から4年間平均で、2011年度比5%低減する2012年度から4年間平均で、1990年度比6%削減する(2012~2015年度総排出量217,000 t-CO 2以下に削減)産業廃棄物の有価物化による削減と100%再資源化(ゼロエミッション)の継続達成生物多様性保全のため、水の効率的利用による使用量削減と循環利用の推進目標※エネルギー使用量原単位=エネルギー使用量(GJ)/医薬品エキス顆粒生産量(t)※水使用量原単位=水使用量(t)/エキス顆粒生産量(t)■ 2 013年度目標と結果■ 中期環境目標2011年度比:5.7%削減1990年度比:11.7%削減再資源化率99.99%2012年度比4.1%削減テーマ省エネルギー・地球温暖化対策省資源対策エネルギー使用量原単位の低減温室効果ガス排出量の削減水資源保護廃棄物削減2011年度比5.1%削減1990年度比5.0%削減産業廃棄物100%再資源化(ゼロエミッション)『水使用量原単位※を2012年度以下とする』(2013年度より定量目標として設定)目標結果●「京都議定書」の6ガスを対象としています●「地球温暖化対策の推進に関する法律(温対法)」の「温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度」算定マニュアルに基づいて算出しています● 購入電力由来の排出量は、環境省の公表する各電力会社提供の排出係数(2011年12月公表)を使用しています温室効果ガスの算出について中期環境目標(2012 ?2015年度)2012年度からスタートした中期経営計画の期間にあわせて、新たに中期環境目標( 2012 ?2015年度)を策定しました。省エネルギー・地球温暖化対策と省資源対策をテーマとして、対象範囲を国内グループ会社に拡げて積極的に取り組んでいます。 エネルギー使用状況の見える化を進め、新技術の導入など効果的に省エネ活動を推進しています。生産部門※では高効率設備の導入や設備の運転・制御の見直しを行うなど、省エネルギーを基本とした原単位の低減を図り、その結果として、温室効果ガス排出量も削減しています。また、オフィス部門においても積極的な節電対策や全営業車をハイブリッド車へ順次、全面切り替えるなど取り組みを推進しています。省エネルギー・地球温暖化対策※ 生産部門:静岡工場、茨城工場・研究地区、石岡センターコーポレートレポート 2014漢方とはツムラCSR 漢方・生薬事業理念に基づく経営財務資本政策人的資本政策環境資本政策コーポレート・ガバナンス