ブックタイトルツムラグループ コーポレートレポート 2014

ページ
57/60

このページは ツムラグループ コーポレートレポート 2014 の電子ブックに掲載されている57ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ツムラグループ コーポレートレポート 2014

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

ツムラグループ コーポレートレポート 2014

コーポレート・ガバナンス■企業活動における行動原則である「ツムラ行動憲章」を含むコンプライアンスの確立に必要な「ツムラ コンプラ イアンス・プログラム」を定め、教育をはじめとする継続的な取り組みを計画的に実施しています。■ツムラグループのコンプライアンス推進に関する方針・計画については、執行役員で構成された「コンプライア ンス委員会」を設置し、そこで審議・策定のうえ、取締役会の承認を得て決定し、各業務担当部門およびグループ 会社へ方針提示・指示しています。■コンプライアンス推進にあたっては、コンプライアンス最高責任者、コンプライアンス担当役員(コンプライア ンス推進室担当)、コンプライアンス推進責任者、コンプライアンス推進担当者およびコンプライアンス主管部 門(コンプライアンス推進室)を置き、ツムラグループのコンプライアンス体制整備・教育・浸透を図っています。■グループ会社におきましては、定期的にツムラグループの経営層を集めて、ツムラグループ全体のコンプライ アンス推進を徹底しています。また、コンプライアンス担当役員は、ツムラグループの取り組み状況を把握し、 取締役会において定期的に報告しています。■コンプライアンスに関する相談・連絡の窓口として「ツムラグループホットライン」を社内外に3 ヶ所(コンプ ライアンス推進室、弁護士、第三者機関)設置し、国内グループ会社の役職員が利用できます。また、匿名での 相談に応じるほか、安心して利用できるよう相談者のプライバシーを保護し、相談者に対する不利益な取り扱 いを禁止しています。グループ会社すべてにおいても個別に相談窓口を設置しています。 製薬企業は、適切な産学連携のもと、研究者・医療関係者・患者団体等と相互の信頼関係を構築し、倫理的で患者の立場に立った最適な医療が行われるように努めることが求められています。 これまで当社におきましても、業界に向けられた社会からの要請に対し、速やかに対応すべく、医療用医薬品のプロモーション活動における不適切な処方誘引を防ぐため「ツムラ医療用医薬品プロモーションコード」の制定をはじめとし、企業活動全般にわたり高い倫理性を確保するための「ツムラ行動憲章」ならびに「ツムラ コンプライアンス・プログラム」の制定など常に正しい企業活動のあり方に努めてきました。 近年におきましても、製薬企業から医療関係者・医療機関・患者団体等への金銭支払い等について、適切な説明責任を果たし、透明性を図るため、「株式会社ツムラと医療機関等の関係の透明性に関する指針( 2011年)」および「株式会社ツムラと患者団体の関係の透明性に関する指針( 2014年)」を策定し、ホームページにおいて金銭支払い等に関する情報公開を行っています。 さらにIFPMA(国際製薬団体連合会)が従来の医薬品マーケティング・コードに代わる「IFPMA コード・オブ・プラクティス」を発表したことを受けて、日本製薬工業協会コード・オブ・プラクティスが制定され、当社の加盟団体である日本漢方生薬製剤協会コード・オブ・プラクティスの制定に続き、当社もこれまでのツムラ医療用医薬品プロモーションコードをさらに発展させた、当社の全ての役員・従業員と研究者・医療関係者・患者団体等との交流を対象とした「ツムラ・コード・オブ・プラクティス( 2014年)」を制定し、より高い倫理性の確保に向けた取り組みを行っています。コンプライアンスを推進する当社の仕組みや体制等医療機関・医療関係者・患者団体等との信頼関係の構築 近年、コンプライアンスの定義は、「法令やルールを守ること」という解釈から「社会からの要請に応えること」という解釈で捉えられるようになり、法令遵守の範囲を超えた社会規範・倫理に基づいた行動が求められています。 当社では、役職員一人ひとりが、当社が社会から求められていることを考え、どうすればその期待に応えられるのか、社会や人々のお役に立てることは何かと常に自らに問いかけることを心がけ、コンプライアンスを実践するとともに、当社の社会的責任を果たしていきたいと考えています。コンプライアンスコーポレートレポート 2014漢方とはツムラCSR 漢方・生薬事業理念に基づく経営財務資本政策人的資本政策環境資本政策コーポレート・ガバナンス