ツムラグループ コーポレートレポート 2015
14/64

リスクマネジメントコーポレート・ガバナンスコンプライアンス理念に基づく経営生薬栽培・調達品質管理・製造・流通漢方・生薬事業● 安全な生薬の安定確保          ▼P29 ・生薬生産の管理基準・自社管理圃場の拡大・栽培化技術の開発と 実生産化・原料生薬の調達・ 物流体制● 品質管理体制の充実 ▼P32● 品質試験 ▼P33● 生産能力の増強 ▼P33● 生薬・漢方製剤の物流 ▼P35● 人材育成 ▼P45● 人材の多様性 ▼P47● 休業・休暇制度 ▼P48● 労働安全衛生 ▼P49● 環境マネジメント ▼P54● 低炭素社会への貢献 ▼P55● 資源の循環利用 (循環型企業を目指して) ▼P56● 化学物質管理/ 大気汚染・水質汚濁防止 ▼P58● 契約栽培農家との協働 (生薬栽培を通じて)         ▼P50● 生物多様性への配慮        ▼P58ツムラの重要課題財 務人 的環 境社会とツムラの共通資本資本政策財務● 株主資本(自己資本)● 自社管理圃場● 調達・加工拠点● 品質管理拠点● 生産拠点● 保管・物流拠点● 生薬栽培技術● 医療用漢方製剤製造技術● 品質管理技術● 漢方医学・エビデンス製造知的人的自然社会関係● 生態系、生物多様性● 良質な生薬資源● 安定的な気候● 水資源● 肥沃な土壌・緑● 従業員● 生産者(日本、中国、ラオス)「漢方・生薬事業」の成果(OUTCOME)が循環し、再び経営資源として活かされます。医師・医療機関・大学医学部・医科大学患者様栽培地・工場近隣地域生産者(日本、中国、ラオス)INPUT● INPUT ツムラグループは、「自然と健康を科学する」という経営理念と「漢方医学と西洋医学の融合により世界で類のない最高の医療提供に貢献します」という企業使命を掲げ、これら基本的な理念に基づく経営を実践すべく、コーポレート・ガバナンスを徹底させながら、諸施策に取り組んでいます。事業活動を通じてさまざまな社会的課題を解決し、社会との共通価値創造を高めることで、持続可能な発展へ貢献するという事業構造を「ツムラの価値創造サイクル」として明確にしました。ツムラの価値創造サイクルツムラCSRコーポレートレポート 201513

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です