ツムラグループ コーポレートレポート 2015
31/64

■原料生薬栽培から製造までの主要な流れ漢方製剤の原料となる生薬を中国から約80%、日本で約15%、ラオスなどから約5%調達しています。安全な生薬の安定確保のために、漢方製剤の長期的な需要予測に基づき、国内外での生薬栽培地の拡大、加工(調製加工※1および選別加工※2)・品質管理・保管能力の強化などについて、中長期的な計画を立案しています。中国各地の生薬生産農家、産地会社などを通じて調達された原料生薬は、主に深圳津村薬業有限公司(以下、深圳津村)に集められ、異物や不良品を除去するなどの選別加工が行われます。原料生薬の調達・物流体制さらに残留農薬・微生物・重金属などの試験を実施し、日本と同等レベルのチェックを経て、当社が定めた品質基準をクリアした原料生薬だけが上海津村製薬有限公司(以下、上海津村)や石岡センター(茨城県)に送られます。また、日本やラオスにおいて調達された原料生薬は、石岡センターへ送られ、同様に選別加工および品質試験が行われます。※1 調製加工:収穫された生薬の乾燥・蒸し・異物除去などを行う※2 選別加工:調製加工された生薬の異物除去・最終チェックを行う四川省湖北省石岡センター上海津村エキス粉末の製造深圳津村および関連会社1社調 達中国内各産地栽 培ラオツムラ栽培、調製加工、保管原料生薬の流れエキス粉末の流れ主たる調達国中 国自社管理圃場での栽培ラオス54321夕張ツムラ(北海道)夕張ツムラ(北海道)岩手薬草生産組合(岩手)岩手薬草生産組合(岩手)JAあがつま(群馬)JAあがつま(群馬)JAながみね(和歌山)JAながみね(和歌山)ヒューマンライフ土佐(高知)ヒューマンライフ土佐(高知)あさぎり薬草合同会社(熊本)あさぎり薬草合同会社※(熊本)国内契約栽培団体主要6拠点6国内栽培の強化日 本夕張ツムラ栽培、調製加工、保管茨城工場静岡工場深圳津村調製・選別加工、品質管理、保管横浜港※ あさぎり薬草合同会社:2015年7月名称変更●四川省に関連会社があり、 湖北省に深圳津村の分公司(支社)がありますトップメッセージコーポレート・ガバナンスツムラCSR漢方・生薬事業財務資本政策人的資本政策環境資本政策コーポレートレポート 201530

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です