ツムラグループ コーポレートレポート 2015
49/64

11.417.6190.41,898.510.917.0181.61,902.210.415.8179.41,909.510.816.8202.91,924.5年間組合員平均2010年度2011年度2012年度2013年度有給休暇取得日数代休・特休を含む取得日数残業時間(休出含む)総実労働時間所定労働時間2014年4月新任管理職研修、2015年3月新任所長研修で、次世代育成に関する社内制度を説明した。新任管理職を中心に次世代育成に関する周知を行う目標1目標2目標3目標4イントラネットの育児の情報ページを充実するイントラネットの介護の情報ページを作成する目標2、目標3の周知を行う育児の情報ページに、「育児制度を学ぶ」コーナーをつくり、ページの充実を行った。介護の情報ページを作成するとともに、「介護にゅーす」コーナーをつくり、ページの充実を行った。社内掲示板にて、「育児制度を学ぶ」(4回)、「介護にゅーす」(2回)を連載し、周知を行った。1,844.501,852.251,852.251,852.2511.216.8173.41,902.42014年度1,860.00計画(2012年4月1日~2017年1月31日)実績(2014年度)家族の介護休暇、また、養育している小学生までの子供の看護休暇として、1年間につき5日、介護・看護する方が2名以上であれば10日まで介護・看護休暇を取得できます。介護・看護休暇制度休業・休暇制度ワーク・ライフ・バランスを実現するために、働きやすい職場環境を目指しています。育児休業は子供が満2歳に達するまで取得することができます。育児休業期間中は職場復帰のための育児休業者復帰支援プログラムを利用できます。2014年度の育児休業後の復職率は100%でした。育児休業制度骨髄バンクを通じてドナーとなることを希望する従業員に対し、ドナーとなりやすい環境を作る骨髄ドナー休暇制度があります。骨髄ドナー休暇制度年次有給休暇を2年間取得しない場合は、最高40日まで積立・保存される失効有給休暇制度を導入しています。失効有給休暇は、私傷病で勤務できない場合や、養育している子の介護休暇として利用できます。2014年度は、失効有給休暇の半日単位での利用を導入することにより利用しやすい制度となり、年間で1,100日(前年比で約40日増)の利用がありました。2015年度は、出産経験者などの声を反映し、妊娠時の体調不良(つわり等)への失効有給休暇の利用が可能となりました。失効有給休暇の活用■労働時間・休日関連データ■第4期次世代育成支援行動計画と実績コーポレートレポート 201548トップメッセージコーポレート・ガバナンスツムラCSR漢方・生薬事業財務資本政策人的資本政策環境資本政策

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です