ツムラグループ コーポレートレポート 2015
54/64

INPUTOA用紙 OA用紙使用量(A4換算)・・・18,268千枚軽油・・・・・705㎘物流用燃料※2生薬残さ再資源化量・・・・・・・・・・20,004t水資源再利用排水処理後の水を構内のウォータースクラバー用水として再利用しています▼P57参照堆肥化などですべて再資源化しています▼P57参照購入電力・・・ガソリン・・・・・・・・・・・・・・・灯油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・軽油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・A重油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・液化石油ガス(LPG)・・・・都市ガス・・・・・蒸気・・・・・・・・・・・・・・・68,523千kWh1,200㎘194㎘298㎘89㎘14t11,824千Nm3124,260TJアセトニトリル・・・・・塩化第二鉄・・・・3.9t242.5tエネルギー化学物質上水・・・・・・・・・・・工業用水・・・地下水・・・・59,019t390,556t1,016,842t水資源リデュースリユースリサイクルPRTR制度届出対象物質生薬・・・・・・・・・・・・・・・・・・その他の医薬品・・・11,305t5,003t原料紙・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・プラスチック・・・・・・・・アルミニウム※1・・・・・・・・ガラス・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ダンボール・・・・・・・・・・1,798t1,816t581t0t1,528t容器包装資材OUTPUT医薬品エキス顆粒生産量9,055t温室効果ガス※3・・・・NOX・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・SOX・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・80,404t-CO232t0.00t総排出量・・・・・・22,459t29t最終処分量・・・・・・・・・・大気排出総排水量・・・・・・・・・・・・・・・・BOD・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・COD・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1,311,825t6.6t24.2t水域排出廃棄物●一般廃棄物排出量●産業廃棄物排出量・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・272t・・・・・・・・・・・・・・・・・・・22,187tCO2NOx・・・・1,846t-CO2・・・・・・・・・・・・・・・・・・13t物流からの排出※2事業活動調製・加工研究物流オフィス活動製造エネルギーや物質の流れ● パフォーマンスデータ集計範囲:株式会社ツムラ、株式会社ロジテムツムラ、株式会社夕張ツムラ、深圳津村薬業有限公司、               上海津村製薬有限公司、LAO TSUMURA CO.,LTD.● 集計対象期間:2014年4月1日~2015年3月31日、2014年1月1日~2014年12月31日(深圳津村、上海津村、ラオツムラ)※1 医薬品のフィルムに含まれるアルミ箔の重量※2 ロジテムツムラほか外部委託先における物流用燃料および物流からの排出は省エネ法の改良トンキロ法で算出中国国内および中国から日本への輸送分は含みません※3 温室効果ガス:深圳津村、上海津村の電力排出係数はGHG Protocol の係数(0.788kg-CO2/kWh)、上海津村の蒸気排出係数は温対法の係数(0.060㎏-CO2/MJ)を使用詳細な環境データは「環境データBOOK2015」を参照http://www.tsumura.co.jp/corporate/csr/report/pdf/2015databook.pdfコーポレートレポート 201553

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です