ツムラグループ コーポレートレポート 2016
18/68

 がんは、1981年より日本人の死因の第1位であり、2014年度には年間約37万人の方が亡くなっています。統計によると、約2人に1人ががんにかかり、約3人に1人はがんで亡くなると言われています。 わが国では、これまでのがん対策をより一層推進するため、2009年に「がん対策基本法」を施行、「がん対策推進基本計画」が策定されました。これに基づくさまざまな施策により、がん対策の進捗はみられるものの、「2015年度のがん死亡率20%減少」という目標の達成は困難であると予測されています。世界に先駆けて超高齢社会を迎える日本は、多くの社会的課題に直面しています。とくに国民病ともいわれるがんは、国民の生命と健康にとって重大な問題です。当社では、がん領域を重点領域と位置づけ、漢方治療に関する研究や情報提供を行ってきました。2013年からは、「フォーラムがんと生きる」への協賛を行っています。特集1では、がん領域(主に緩和ケアや支持療法)に用いられる漢方薬を中心に、製品を通じた社会と企業の利益を両立する活動を紹介します。近年、がん治療にともなう「苦痛」をとることに関心が寄せられるようになってきています。治療で低下するQOLを維持・向上するため、心身の状態や気力の充実など「全人的」な医療が求められています。漢方医学は、ココロとカラダを一体と考え、「全人的」な医療を行うことが特徴です。抗がん剤の副作用、手術や放射線治療の合併症、がんの進行による心身の苦痛などを和らげる手段として、医療現場や患者様にもたいへん期待されています。  そのため、2015年には、(1)がんの予防 (2)がんの治療・研究 (3)がんとの共生を3つの柱とした、「がん対策加速化プラン」が策定され、「がん対策基本法」の改正に向けた取り組みが注目されています。 近年では、生存率の向上だけではなく、患者様のQOL(生活の質)や社会とのつながりが重要視されるようになっています。そのため、患者様への情報提供や心理面のサポートなどを含めた包括的ながん医療の実践が強く求められています。当社は、医師や薬剤師、看護師や介護現場への適正な情報提供活動を行っていますが、MR活動にとどまらず、医療機関や研究機関との連携によるエビデンスデータの構築や学会に対する支援活動などを行い、がん領域に対する漢方治療の適正推進を行っています。育薬処方として掲げている5品目(半ハン夏ゲ瀉シャ心シン湯トウ・六リッ君クン子シ湯トウ・抑ヨク肝カン散サン・大ダイ建ケン中チュウ湯トウ・牛ゴ車シャ腎ジン気キ丸ガン)は、がん治療にともなう状況でも使用されています。そのなかでもとくに六君子湯と大建中湯に関しては、大規模な臨床試験や著名なジャーナルなどで英語論文が発表され、多くの医療関係者に注目されています。例えばDKTフォーラム※は、※DKTフォーラムは、財団法人がん集学的治療研究財団(JFMC)により2007年に企画・実施された、大建中湯(DKT)の臨床効果を科学的に検証することを目的とした研究組織。「胃・食道班」「肝外科班」「大腸班」「臨床薬理班」「基礎薬理班」の5班に分かれて研究が行われました。全国46施設が参加した過去最大規模の大建中湯に関する治療研究であり、術後の腸管麻痺などについて有意性が報告されています。コーポレートレポート 201617

元のページ 

page 18

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です