ツムラグループ コーポレートレポート 2016
39/68

卒後卒直後卒前卒後漢方医学セミナー(入門・フォローアップ・ステップアップ)漢方医学教育の充実・定着・発展大学医学部・医科大学・臨床研修指定病院等における大学医学部・医科大学医学生研修医医 師臨床研修指定病院(大学附属病院含む)・研修医向け漢方勉強会(有効性/安全性)・講義(概論)・臨床実習(病棟/外来)・学内教員育成研修会・学内勉強会(サークル等)漢方医学の教育を受けた医師が臨床現場に継続的に輩出される漢方医学の確立のため、全国80の大学医学部・医科大学における漢方医学に関する講義履修の必修化、漢方医学教育ができる講師を担う人材を育成する場としての学内勉強会の実施、大学病院における臨床実習を目的とした漢方外来※の設置に対する支援活動を継続してきました。その結果、2004年度には全国80の大学医学部・医科大学のすべてにおいて、漢方医学教育が実施されるようになりました。現在では8コマ以上の漢方医学1997年度から全国80の大学医学部・医科大学で漢方医学教育の実態把握に努め、カリキュラムに組み込まれるよう情報提供を行ってきましたが、漢方医学教育を導入した大学は半数にも満たない状況でした。その後、2001年3月に文部科学省が発表した「医学教育モデル・コア・カリキュラム」において「和漢薬を概説できる」と定められたことが、漢方医学教育の大きな転機となりました。さらに、2011年3月の改訂では「和漢薬、漢方薬の特徴や使用の現状について概説できる」と文言が修正され、より具体的になっています。これを受けて、当社は以下の目標に基づき大学医学部・医科大学における漢方医学教育の導入支援を行っています。❶ 卒前教育における「漢方臨床実習」の導入推進❷ 大学病院本院に漢方外来の設置❸ 学内教員育成システムの構築(学内で漢方を教える教員の育成)教育が、ほとんどの大学で必修の講義となり、漢方外来も設置されるようになりました。このように、大学での漢方医学教育は着実に定着してきています。今後も、より多くの医師に漢方を取り入れた治療を行っていただくためには、卒前・卒直後、卒後の一貫した漢方医学教育に対する継続的な支援が重要と考えています。※ 漢方外来:漢方医学的な診察・治療を行う漢方専門の外来これらの目標達成に向け、全国80の大学医学部・医科大学に情報提供活動を行ってきました。さらに、漢方医学教育活動を支援するため、カリキュラムの責任者や実際に漢方を教えている教官などを対象に、漢方医学教育の取り組みなどを情報発信する「KAMPO MEDICAL  SYMPOSIUM」を2001年から毎年開催しています。2016年は、全国の大学医学部・医科大学の病院長・医学部長・カリキュラム責任者のほか、文部科学省の担当者など、約660名の方々が参加されました。コーポレートレポート 201638

元のページ 

page 39

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です