文字サイズ

検索

コーポレートガバナンス

当社は2017年6月、コーポレート・ガバナンス体制の強化を目的として、「監査役会設置会社」から「監査等委員会設置会社」へ移行いたしました。
新しいコーポレート・ガバナンス体制では、3名中2名が社外取締役で構成される監査等委員会を設置し、議決権を有する取締役である監査等委員が経営に対する監督・監査機能を強化し、経営の健全性と透明性をより一層向上させることを目指しています。
また、取締役会の任意の諮問機関として、社外取締役を中心に構成する「指名・報酬諮問委員会」を設置し、取締役ならびに執行役員の選解任や報酬に関して、適切な助言等の関与により、取締役会の独立性・客観性と説明責任を強化してまいります。

コーポレートガバナンス体制図を拡大する

コーポレートガバナンス報告書 [3.98MB]