女性の「生きる」に漢方ができること

なぜ、女性に漢方なのか?

仕事も、家族も、自分も、全部だいじ。だから、今日もがんばりたい。いつも笑顔で、元気で、心とカラダのバランスを保ちながら、毎日が健康でありたいと願う。そんな忙しい現代の女性のために、漢方ができることがあるかもしれません。

Story1

大切な家族の健康を願うなら、まずは自分が健康でなくてはならない。でも、毎朝慌ただしい1日のはじまりで、疲れや不調が抜けきらない・・・そんな「生きる」姿に、身に覚えがありませんか?

なぜだろう? 同じような一日、繰り返される日常なのに、 どうして毎朝こうも慌ただしいのだろうか。 朝食の支度、洗濯、子供を学校に行かせて、私と夫は仕事へ。 なんだか身体がだるいような気もするけど、 週末までの3日を乗り切らねば。

昨日、母から箱一杯のデコポンが届いた。 「今年はカゼが流行っているから、みんなで食べて」と。 子供は大喜びで、私もうれしい。 ビタミンCは疲労回復を助けてくれる、と何かの記事で 読んだ気がするけど・・・めまぐるしい毎日の中で それを実感できたことはない気がする。

最近、家での私の口癖は「早くしなさい」。 家族みんなが笑顔で、健康でありたいと願うのに、 気持ちとカラダがひとつになっていない気がする。 急がず、ゆるやかに、自分らしくあるために、 なにかできることはないだろうか?

風邪の引き始め

冷え

Story2

家庭と仕事の両立・・・ 誰かにサポートしてほしいと思いながらも、 ついつい毎日頑張りすぎてしまう。 でも、ちょっとした感謝の言葉があると、 誰かに必要とされている自分を発見し、 心もカラダも温かくなることはありませんか?

プロジェクトを任された。 望んでいたことではあるけど、子育てとの両立は、 本音を言ってしまうと嬉しいけど、しんどい。 ふと鏡に映った、ボサボサ髪&くすんだ肌の自分と目が合って、 余裕がない自分にイライラしてしまう日もある。 2歳年下の独身の後輩は、あんなにキラキラしているのに。

でも、諦めたくない。 プロジェクトが満足のいく形になったとき、 それが、自分の快感になることを知っている。 独身時代のような、働き方はできないけど、 私には、頼りになる仲間や、任せられる後輩だっている。

そんな、忙しくて、余裕がなくて、疲れが溜まる毎日だけど、 喜びを実感できる瞬間は、家庭にだってある。 子供を笑顔で抱っこする瞬間も、そう。 いつまでも、誰かに必要とされる喜びを 感じられる自分でありたい、と思う。

疲れ

月経痛

Story3

毎日に追われて、新しいことをはじめるなんて無理・・・ そんな風に思っていませんか? 心もカラダもまだ余裕がないからと諦めてしまう。 でも、一歩を踏み出して「何かをはじめよう」と考えることは、 新たな「生きる」道のはじまりなのです。

新しい一歩を踏み出す。 「いつも突然だね」と夫に言われるけど、 いつだって、家族のために何かを思いつく。 手作りパンをはじめたのも、 子供には、いつでも手作りの味で育ってほしいと思ったから。

家庭菜園をはじめたのも、同じ。 できる限り、身体にいい環境で暮らしたい。 私の足りない何かを、補ってくれる気がするから。 もっとも、いまでは夫が一番熱心に 野菜たちの面倒をみてくれているけど・・・

最近なんだか調子が悪かったり、 気がつくとおなかをさすっていたり、 昔と違う身体の変化に戸惑うこともあるけれど、 新しいことは、自分の心をワクワク明るくしてくれる。 同じように、カラダの健康のために何をすべきか・・・ 心とカラダがひとつになれる、私に合ったものを見つけたい。

胃の不調

便秘

更年期

あなたらしい「生きる」を叶えるために

あなたの「生きる」にあるもの、それは女性ならではの悩み。 仕事も家庭も子育ても頑張りたい気持ちが、疲れや不調で空回りし、 イライラを募らせることもあるでしょう。 それは、きっと心とカラダがひとつになっていないから。
あなたらしい「生きる」を叶えるためにも、 あなたに合った「漢方ができること」を、調べてみませんか。

あなたに合った漢方の選び方 気になる部位、症状をお選びください

なぜ、女性に漢方なのか? キレイ+ゲンキ・ハッピーをずっと Kampoview