文字サイズ

検索

ニュースリリース

ニュースリリースに記載している情報は発表当時のものです。最新情報と異なる場合がございますのでご了承ください。
お問い合わせ先はこちらをご覧ください。

2004年9月15日

井筒和幸さん、うつみ宮土理さん、若槻千夏さん出演 「きき湯」最新CM 9月17日(金)オン・エア開始

 株式会社ツムラ(本社:東京、社長:芳井順一)では、発売2年目を迎えた「きき湯」の新しいCMを制作しました。前作同様、アイテム別に3名のキャラクターが登場します。"マグネシウム炭酸湯"には映画監督の井筒和幸さん、"クレイ重曹炭酸湯"にはタレントのうつみ宮土理さん、"食塩炭酸湯"にはタレントの若槻千夏さんを起用し、9月17日(金)、フジテレビ系列全国27局ネット「めざましテレビ」を皮切りに全国でオン・エアします。

企画意図

 「きき湯」の訴求ポイントは、パッケージに全て書いてあるということから、前作同様、パッケージの文字をなぞっていき、商品特長をストレートに表現しています。更に、新たなキャラクターを起用し、CM鮮度を増しました。

タイトル

  • ・きき湯 マグネシウム炭酸湯 井筒さん篇 15秒
  • ・きき湯 クレイ重曹炭酸湯 うつみさん篇 15秒
  • ・きき湯 食塩炭酸湯 若槻さん篇 15秒

CM舞台裏

 今回のCMも前作同様、商品パッケージが中心の企画であり、商品パッケージ部分はCGで制作していますので、実際の撮影は、出演者部分のみを横浜のスタジオで行いました。また、当日「TVCMができるまで」という自由研究のテーマを設定した横浜の中学生4人組が、撮影現場を見学に訪れました。制作プロデューサーから色々と説明を聞きながら、一生懸命メモを取りながら見学していましたが、スタジオの大きさや、制作スタッフの多さ、間近に見る出演者に驚きの一日のようでした。

■こだわりの井筒さん
 ジーンズにサンダルというラフな格好で来られた井筒さん。しかし、撮影に入った瞬間から雰囲気は一変、現場にも緊張感が漂います。ご自身も映画監督ですので、演出に関するこだわりはさすがです。目線を演出に合わせるためにカンペ(ナレーション原稿)の位置を細かに指示したり、シチュエーションの確認を監督と熱心に打ち合わせしていました。  そんな井筒さんでしたが、セットのマッサージチェアはとても気に入られたようで、カメラが回っていないときも「気持ちええ」と、ずっとかかりっきりでした。

■早口メダリストうつみさん
 「おはようございます」と元気な声でさっそうとスタジオに入られたうつみさん。 華やかな衣装が良く似合ううつみさんは、小柄な方ですが、とても存在感がありました。商品特徴を早口で語っていただきましたが、一言も間違えず語り尽くすテクニックにスタッフも感心させられました。ご本人も「早口のオリンピックで記録に挑戦しているみたい」と楽しそうにおっしゃっていましたが、まさに金メダル級の演技でした。  また、とても丁寧なうつみさん。我々と雑談の際も、しっかりと相手の名前を確認してお話しされたり、お帰りの際もわざわざ我々の所まで挨拶にこられるなど、見習うべき点の多い方でした。

■気さくな若槻さん
 最後にスタジオに入られたのは、若槻さん。その笑顔に少し疲れの見え始めたスタッフも再び元気を取り戻します。若槻さんのみが入浴シーンでしたが、あまりに気持ちよさそうに入浴している若槻さんを見ていると誰もがお風呂に入りたくなってしまいました。  撮影終了後、見学に来ていた中学生と記念撮影の際は、「みんなで同じポーズを取ろうよ」といってみんなでピースサインをしたり、スタッフと一緒に夕食を食べたりと若槻さんはとても気さくな方でした。

提供番組

「脳内エステ IQサプリ」
 (毎週土曜日 19:00~19:54 フジテレビ系列)

「めざましテレビ」 
 (月曜日~金曜日 5:25~8:00 フジテレビ系列)

「FNNスーパーニュース」
 (月曜日~金曜日 17:00~19:00 フジテレビ系列)

「FNNニュース」
 (毎週日曜日 23:45~23:55 フジテレビ系列)

※上記提供番組でのオン・エアに加え、スポットCMキャンペーンを展開します。

スタッフ

広告会社 博報堂
博報堂イン・プログレス
制作会社 ニッテンアルティ
クリエイティブ
ディレクター
八幡 功一(SCD)
小西 利行(CD)
企  画 清田 小牧
プロデューサー 小柳 雅一
中川 寿
演出 伊藤 由美子
コピーライター 小西 利行
撮影 小野寺 幸浩
照明 小野寺 幸浩
美術 柳町 建夫
スタイリスト 高橋 靖子
ヘアメイク 浜野 正明(井筒和幸)
常磐 ひとし(うつみ宮土理)
双木 昭夫(若槻千夏)
タレント 井筒 和幸 
うつみ 宮土理
若槻 千夏

お問合せ先

広報部広報課 担当:竹内
 TEL 03-3221-5221 FAX 03-3221-0976
 102-8422 東京都千代田区二番町12-7
 お客様相談窓口:TEL 03-3221-3700