ニュースリリース

ニュースリリースに記載している情報は発表当時のものです。最新情報と異なる場合がございますのでご了承ください。
お問い合わせ先はこちらをご覧ください。

2005年8月12日

発熱、さむけ、ふしぶしが痛むかぜに 麻黄湯(まおうとう)内服液 8月22日 (月) 新発売

 株式会社ツムラ(本社:東京、社長:芳井順一)では、様々なかぜの症状に対応できるよう漢方内服液のラインアップを充実させています。このたび8月22日(月)に麻黄湯内服液(販売名:新生麻黄湯内服液)を、新発売します。

製品概要  販売名:新生麻黄湯内服液

効能・効果 風邪のひきはじめで、さむけがして発熱、頭痛があり、身体のふしぶしが痛い場合の次の諸症:感冒、鼻かぜ
成分・分量 本品1日量90mL(30mL×3本)中、
以下の生薬より抽出した麻黄湯エキス81mLを含有します。

(局)マオウ    5.0g (局)ケイヒ    4.0 g
(局)キョウニン  5.0g
(局)カンゾウ   1.5g

添加物として精製水、白糖、パラベン、香料(エタノール、グリセリン、プロピレングリコール、メントールを含む)を含有します。
用法・用量 次の量を、食前または食間によく振ってから服用してください。
成人(15歳以上) 1回量/1本 1日服用回数/3回
15歳未満
服用しないでください。
剤形 液剤
包装 30mL×3本
希望小売価格 1,365円(税込)
発 売 日 2005年8月22日(月)

お問合せ先

広報部広報課 担当:萬野
 TEL 03-3221-0158 FAX 03-3221-3776
 102-8422 東京都千代田区二番町12-7
 お客様相談窓口:TEL 03-3221-9700