ニュースリリース

ニュースリリースに記載している情報は発表当時のものです。最新情報と異なる場合がございますのでご了承ください。
お問い合わせ先はこちらをご覧ください。

2006年6月27日

菊池桃子さんが医療用漢方の特長を院内アナウンス! 企業CM「漢方にはニュースがある篇」 6月29日(木)オン・エア開始

 株式会社ツムラ(本社:東京、社長:芳井順一)では、新しい企業CM「漢方にはニュースがある篇」を制作しました。病院を舞台に非日常的な空間の演出と、菊池桃子さんのアナウンスで、医療用漢方の特長を視聴者の方々に伝えます。 当社は、漢方を知らない・誤解している一般生活者に対して、正しい漢方を知ってもらうための様々な広告活動を展開しています。今回のCMは、当社で行った漢方薬に関する調査結果をもとに、視聴者に認知してもらいたい内容を訴求しています。 6月29日(木)、フジテレビ系列全国27局ネット「めざましテレビ」を皮切りに全国でオン・エアします。

訴求内容について

一般生活者の「漢方薬」に対する認知・理解の現状を把握するために調査を行ったところ(※)、多くの人が医療用漢方薬の存在は認知しているものの、実際の診療においてどのように活用されているかの認識は低いとの結果が出ました。

(※)20~69歳の男女個人500名を対象に2005年10月実施。

 調査結果

  1. 「漢方薬」が医療機関で処方されていることの認知率…64.4%。
  2. 漢方薬の入手先…薬局で一般用57.6%、病医院で医療用26.8%。
  3. 提示された医療用漢方薬の特長を読んだ後の服用意向…75.4%。
  4. 漢方独自の治療法「医師が患者一人ひとりの個人差を重視して、体質や病気の状態を見極めながら最適な漢方薬を使い分けていく」を知っている…41.8%。
  5. 西洋医学と漢方医学のそれぞれの長所を生かし、いろいろな症状にうまく対処していく治療法が取り入れられていることを知っている…21.8%。
  6. 費用負担が少ないと思う…医療用西洋薬41.8%、医療用漢方薬29.0%。
  7. 医療用漢方薬には健康保険が適用されていることを知っている…26.6%。

 

以上の結果をふまえ、当社として認知いただきたい特長を整理しました。

  1. 漢方はお医者さんと二人三脚で病気と向き合える医療です。
  2. 西洋医学との融合でよりよい医療へ。
  3. 医療用漢方薬は思った以上に経済的。
  4. 健康保険が使えます。

タイトル

  • ・漢方にはニュースがある 二人三脚篇 15秒
  • ・漢方にはニュースがある 経済性篇  15秒

提供番組

「脳内エステ IQサプリ」(毎週土曜日 19:00~19:54 フジテレビ系列)
「めざましテレビ」  (月曜日~金曜日 5:25~7:55 フジテレビ系列)
「FNNスーパーニュース」  (月曜日~金曜日 17:00~19:00 フジテレビ系列)

※上記提供番組でのオン・エアに加え、7月3日(月)~7月16日(日)に全国スポットキャンペーンを実施します。

お問合せ先

広報部広報課 担当:稲木
 TEL 03-3221-9700 FAX 03-3221-3776
 102-8422 東京都千代田区二番町12-7
 お客様相談窓口:TEL 03-3221-3700