ニュースリリース

ニュースリリースに記載している情報は発表当時のものです。最新情報と異なる場合がございますのでご了承ください。
お問い合わせ先はこちらをご覧ください。

2006年9月22日

漢方薬の育薬に確かな手ごたえ いっそうの普及・拡大に向けMRの営業体制も刷新

株式会社ツムラ(本社:東京、社長:芳井順一)では、現在取り組んでいる「漢方薬の育薬」の進捗に伴い、10月1日からMRの営業体制を刷新し、医療用漢方製剤のいっそうの普及と拡大に対応します。

 当社では、近年の疾病構造を見据え、承認されている効能・効果の範囲内で、“新薬での治療に難渋し効果的な治療薬が少ない疾患で、かつ、漢方薬が特異的に効果を発揮する疾患”に的を絞り、それに対する漢方薬の科学的なエビデンスを確立することを目指した、「漢方薬の育薬」に注力しています。現在、育薬としては、

TJ-54「ツムラ抑肝散」による認知症の周辺症状(イライラ、不眠など)に対する効果
TJ-43「ツムラ六君子湯」によるFD※、GERD※(特にNERD※)等の上腹部不定愁訴に対する効果
TJ-100「ツムラ大建中湯」による術後イレウス、IBS※などに対する効果

について全国の大学病院等の専門施設を中心に、基礎・臨床の両面からデータの集積を進めています。

 これまでに行なわれている研究の途中経過は、欧米の主要学会での発表や専門雑誌への掲載で高い評価を得ており、各薬剤とも対象疾患の標準的な治療薬としての地位が確立できるものと期待している状況です。

  そのため、当社ではさらなる「漢方薬の育薬」の推進と医療用漢方製剤の拡大を図るべく、10月1日から、大学病院担当の専任MR制を核とした、大幅な営業体制の刷新を行ないます。今後はさらに、大学病院のみならず、臨床研修指定病院へのMRの専任制導入やMR数の増加についても検討していく予定です。

 2004年度には、全80大学医学部・医科大学の全てで漢方医学の講義が導入・充実されるなど、国内において漢方医学の必要性が広く認められるようになっています。当社では今後も、漢方医学の普及・確立を促進するとともに、漢方薬の科学的解明を進めることで、漢方医学と西洋医学が融合した世界最高の医療提供をとおして人々の健康に貢献したいと考えています。

※疾患名については、次ページをご参照ください

【ご参考】

1.漢方薬の「育薬」について

TJ-54「ツムラ抑肝散(よくかんさん)」

効能・効果 虚弱な体質で神経がたかぶるものの次の諸症:神経症、不眠症、小児夜なき、小児疳症
育薬対象疾患 認知症の周辺症状(イライラ・不眠など)
認知症を基盤に出現する様々な行動障害と精神症状のことを指し、この周辺症状は、介護負担を増大(介護者のQOLを著しく低下)させ、さらに施設入所を早め、介護費用を増加させるという問題が指摘されています。

TJ-43「ツムラ六君子湯(りっくんしとう)」

効能・効果

胃腸の弱いもので、食欲がなく、みぞおちがつかえ、疲れやすく貧血性で手足が冷えやすいものの次の諸症:胃炎、胃アトニー、胃下垂、消化不良、食欲不振、胃痛、嘔吐

育薬対象疾患 FD、GERD(特にNERD)等に伴う上腹部不定愁訴
ツムラ六君子湯には、食物の胃排出能を高める作用に加え、胃の貯留能を高める作用、さらにペプチドホルモンであるグレリンの分泌促進を介した食欲亢進作用が認められています。
FD:Functional Dyspepsia(機能性胃腸症)
GERD:Gastroesophageal Reflux Disease(胃食道逆流症)
NERD:Non-erosive Reflux Disease(非びらん性胃食道逆流症)

TJ-100「ツムラ大建中湯(だいけんちゅうとう)」

効能・効果 腹が冷えて痛み腹部膨満感のあるもの
育薬対象疾患 術後イレウス(腸管麻痺)やIBS(過敏性腸症候群)に伴う、上記症状の改善

2.大学医学部・医科大学における漢方医学の教育について

当社の調べによると、2004年度から全80大学医学部・医科大学の全てで漢方医学の講義の充実が行なわれているほか、57大学で漢方専門外来も設置されるなど、今後の医療における漢方医学の役割について期待が高まっていると考えられます。

お問合せ先

広報部広報課 担当:本多
 TEL 03-3221-0158 FAX 03-3221-3776
 102-8422 東京都千代田区二番町12-7