文字サイズ

検索

株式会社ツムラと患者団体
の関係の
透明性に関する指針

ツムラは、患者団体との協働について、一般社会から正しい理解を得るために、企業活動と患者団体の関係の透明性・信頼性向上に努めます。

株式会社ツムラ(以下「当社」という)の使命は、高品質な漢方製剤、生薬製剤および生薬等を継続的に安定供給し、その役割と機能を高めることによって、漢方製剤、生薬製剤および生薬等の普及、定着と発展を図り、日本の医療と人々の健康に貢献し「患者参加型医療」の実現に寄与することです。この使命を果たすため、当社は、医薬品の適正使用推進や安全対策に至るまで、医薬品と患者さんが関わるあらゆる場面において、患者さんやそのご家族のニーズや悩みを理解して対応していくことが求められています。
このため、当社が患者さんやそのご家族の声を代表する患者団体と協働する機会が徐々に増えてきています。また、行政、医療界ともに、「患者の声」をより重視するようになり、行政当局の委員会や検討会に患者団体の代表者が委員として参画することも増えてきました。
このように患者団体の発言力・影響力が高まるなか、製薬企業は、患者団体との協働について、一般社会から正しい理解を得るために透明性を確保する必要性が増してきました。
当社は、患者団体とのあらゆる協働において、高い倫理観を持ち、患者団体の独立性を尊重すると共に、患者団体との協働の目的と内容について十分に相互理解するよう努め、信頼関係を構築します。

株式会社ツムラ

株式会社ツムラと患者団体の
関係の透明性に関する指針
 [133KB]