文字サイズ

検索

中国伝統医学伝来

中国から医療制度や医学を積極的に導入

日本の古墳時代から793年までは、大陸の医学を積極的に導入、模倣した時代であった。仏教など他の大陸文化と同様、6世紀までには朝鮮半島を経由して日本に中国医学が伝来したと考えられている。5世紀、新羅医師、金武が允恭天皇を治療したことや、6世紀に智聡が医薬書をもたらした記録が残されている。7世紀には、遣隋使、遣唐使が派遣され、中国から直接導入されるようになった。

飛鳥時代 701

朝廷は典薬寮を設け、中国医学を導入。(大宝律令)

奈良時代 710〜

大陸からもたらされた生薬

参考画像:
【ニンジン】【ゴシキリュウシ】【ヤカツ】【ケイシン】【オンジ】【ダイオウ】
『正倉院薬物(昭和30 年12 月13 日発行、編修者:朝比奈泰彦)』より
正倉院宝物

【諸病源候論】【千金方】【外台秘要方】 ツムラ漢方記念館 所蔵

当時の文献

その他のおすすめコンテンツ

小品方

陳延之460頃

唐代の国定医学教科書となり、日本の律令制下でも医学教科書に指定された。

諸病源候論

610

巣元方らが煬帝の勅令により編纂。 病気の原因と症候を記した病理・病因・病態学の書。後世の疾病分類法の規範となる。

諸病源候論

千金方

孫思邈655頃

唐の代表的医学全書。広く普及し、後世に影響を与えた。

春林軒丸散方

外台秘要方

王燾752

医学全書、唐以前の医書を調査、分類し、その要を採集。

外台秘要方