文字サイズ

検索

中国伝統医学の模倣

平安時代 794~

日本の独自性を追求、わが国最古の医学書が日本人により編纂された

丹波康頼

宋医学、金元医学の導入

丹波康頼 (912~995)

康頼は中国後漢の霊帝の子孫で、日本に帰化した阿智王より数えて八世の孫とされ、針博士・医博士となり、丹波宿禰の姓を賜り、宮廷医丹波家の祖となった。

栄西

宋医方と僧医の活躍

栄西 (1141~1215)

栄西はわが国臨済宗の開祖。1168(仁安3)年入宋、1187(文治3)年再入宋し、5年後帰国。臨済禅を伝えた。1199(正治元)年、鎌倉に寿福寺を、1202(建仁2)年には京都に建仁寺を建立。

鎌倉時代 1185~

著者の独自の見解がもり込まれる

鎌倉~南北朝時代は、医療の担い手が宮廷医から禅僧に替わり、医療の対象が一般民衆に拡大した。国内で編纂された医学書の中には、平易な仮名交じり文で記述されるものが登場した。例えば、梶原性全の『頓医抄』、有林の『福田方』などで、著者の独自見解が盛り込まれた画期的なものであった。

梶原性全

梶原性全 (1266~1337)

鎌倉時代の名僧医、浄観と号す。1303(嘉元元)年『頓医抄』50巻、1315(正和4)年『萬安方』62巻を著した。

当時の文献

参考画像:
【栄西】建仁寺両足院 所蔵
【丹波康頼】財)武田科学振興財団 杏雨書屋 所蔵
【医心方】【頓医翔】【万安方】【太平恵民和剤局方】【経史証類大観本草】【内外傷弁惑論】 ツムラ漢方記念館 所蔵

その他のおすすめコンテンツ

医心方

984

丹波康頼によって編纂された、現存する日本最古の医学書。
中国医学の様々な医書を引用した。医書の選択にあたり、日本の風土を考慮、理論よりも実用性を重視した。

医心方

頓医抄・万安方

1308、1315

『聖済総録』をはじめ、宋から元初の最新医書を取り入れ、再整理した鎌倉時代の代表的医学全書。

頓医抄・万安方

太平恵民和剤局方

陳師文ら1107〜1151

宋の国定薬局である和剤局の処方解説書、後世への影響が大きい。のちに4度改訂された。十全大補湯、加味逍遙散など多くの処方を収載。

太平恵民和剤局方

経史証類大観本草

艾晟1108

『証類本草』を増訂し校刊。1744種の薬物を収載。

経史証類大観本草

寒涼派

清熱 鎮静

攻下派

催吐 発熱 瀉下

劉張医学の代表は、劉河間(劉完素)と、張子和(張従正)である。それぞれ寒涼派、攻下派と称され、両学派は瀉法すなわち病毒を体外に排出することに主眼をおいた。代表的な処方に、劉河間の創案した防風通聖散がある。

補土派

健胃整腸

養陰派

滋養強壮

李朱医学の代表は、李東垣(李杲)と朱丹渓(朱震亨)である。李東垣は脾胃を養うことを、朱丹渓は不足した陰を養うことを重視したため、それぞれ、補土派、養陰派と称されている。両学派は補法、すなわち体力を補うことに主眼をおいた。代表的な処方に、李東垣の創案した補中益気湯がある。

内外傷弁惑論

李杲(東垣)1249

李朱医学・補土派、現代中医学理論の基盤。補中益気湯を創方。

内外傷弁惑論