文字サイズ

検索

中国伝統医学の日本化

室町時代 1336~

後世方派 李朱医学を持ち帰る

鎌倉・室町時代から江戸時代前期は、中国伝統医学の日本化が始まった時期である。田代三喜は、当時の最先端医学だった金元医学、特に李朱医学を日本に持ち帰った。弟子の曲直瀬道三がそれを広め、江戸前期に興隆を極めた後世方派の礎を築いた。曲直瀬道三は啓迪院という医学校を設立して後進の育成に努め、『啓迪集』など数多くの医学書を執筆した。1528年には堺の豪商で医師の阿佐井野宗瑞が明の医書『医書大全』を日本で初めて活字印刷で出版した。

田代三喜

田代三喜 (1465~1537)

武州越生(一説に川越)の出身。渡明して日本人僧の月湖に金元流の医学を学び、帰国後、鎌倉円覚寺、足利を経て古河に移り住み、「古河の三喜」として名声を博したと伝えられる。

曲直瀬道三

李朱医学を日本の実情に適合させ広める

曲直瀬道三 (1507~1594)

京都の出身。幼くして僧籍に入る、相国寺に居したが、1528(享禄元)年関東足利学校に入り、正文伯に師事して、漢学を修めた。同4年、田代三喜に会って医学に転じ、李朱医学を学んだ。1545(天文14)年京に帰り、医学舎啓迪院を創建し門人を育成。時の権力者、足利義輝・毛利元就・織田信長・豊臣秀吉や天皇家の信任を得、その医療を担当した。

江戸時代 1603~

曲直瀬玄朔

曲直瀬玄朔 (1549~1631)

明代の医書を通じて金元医学を紹介。
豊臣秀吉に仕え、毛利輝元の療治を行い、文禄の役で渡韓した。後陽成天皇や徳川秀忠を診療し、1608(慶長13)年以降は江戸と京都に隔年に居住した。門下から岡本玄冶、饗庭東庵、長沢道寿、古林見宜などの名医が輩出した。

香月牛山

香月牛山 (1656~1740)

筑前国遠賀郡の出身
江戸中期の後世方派の医家。通称啓益。貝原益軒に儒を、鶴原玄益に医を学んだ。京都にて開業し、著作多数。

当時の文献

参考画像:
【田代三喜】【曲直瀬道三】【曲直瀬玄朔】【香月牛山】 財)武田科学振興財団 杏雨書屋 所蔵
【衆方規矩】【本草綱目】【万病回春】【景岳全書】【温疫論】【医方集解】 ツムラ漢方記念館 所蔵

その他のおすすめコンテンツ

衆方規矩

1636

曲直瀬道三の原著、玄朔の増補になる簡便で実用的な処方集。
のち増補版、解説書も多く作られ、江戸時代もっともよく用いられた。

衆方規矩

本草綱目

李時珍1578

本草書の代名詞。それまでの本草書を継承し、金元医学や自らの意見も加えた。『本草綱目』は日本語や欧州各国語に翻訳され、後に本草書の代名詞になった。

本草綱目

万病回春

龔廷賢1587

江戸時代最もよく読まれた医学全書。六君子湯はじめ多数の処方を創方。

万病回春

景岳全書

張介賓1624

金元医学を整理・発展させ、清代や現代中医学に大きな影響を与えた。

景岳全書

温疫論

呉有性1642

流行性の病である温疫の概念を確立。現代中医学理論の形式にも寄与した。日本への影響も少なくない。

温疫論

医方集解

汪昂1682

清代を代表する処方集の一つ。実用的で、中国・日本で広く利用された。

医方集解