文字サイズ

検索

日本漢方の発展・独自化の達成

江戸時代 1603~

古方派が極端な主義に陥った反省から、処方の有用性を第一義とし、臨床に役立つものなら学派を問わず、経験的・臨床的に良所を享受する柔軟な姿勢をとる立場が現れた。

多紀元簡 多紀元堅

【考証学派】漢方古典を文献的に解明

多紀元簡(1755~1810)

父の多紀元悳に医を学んだ。松平定信の信任を得て1790(寛政2)年、奥医師・法眼に進んだ。翌年、躋寿館が幕府直轄の医学館となるにともない、助教として幕府医官の子弟を教育。従来の古典解釈を反省し、漢方古典を文献学的、客観的に解明しようとした。友人に伊沢蘭軒、小島宝素、子に元胤・元堅がおり、元堅は考証医学研究をさらに推し進め、渋江抽斎、森立之、山田業広など勝れた弟子を育てた。

【折衷派】処方の有用性を最重要視し、後世方派と古方派の良所を折衷

多紀元堅

和田東郭

優れた臨床の手腕を発揮。学派を問わず、長所を採用

和田東郭 (1744~1803)

摂津高槻の人で、1797(寛政9)年法橋。1799(同11)年には法眼に進む。
臨床に長け、腹診を重視した。

原南陽

原南陽 (1752~1820)

水戸藩医の家に生まれ、京都に遊学して山脇東門や産科の賀川玄迪に学び、江戸で開業。のち父の跡を継いで水戸藩医となって臨床、学問に腕をふるった。

華岡青州 本間棗軒

【漢蘭折衷派】
麻酔に通仙散を用いて、世界で初めて乳癌手術に成功

華岡青州 (1760~1835)

京都で吉益南涯、大和見立に学び、漢蘭折衷の外科術を研究。1804(文化元)年、自己の開発した麻酔剤(通仙散)を用いて世界で初めて乳癌摘出手術に成功した。青洲の門人は千人を超えたというが、青洲自身は著述を行わず、その医術は門人の筆記により、写本として広く流布した。

蘭学との折衷を図る

本間棗軒 (1804~72)

水戸の人で、漢方を原南陽に、蘭方を杉田立卿に修学。さらに経学を大田錦城に学び、長崎に赴いてシーボルトに就き、京都では高階枳園、紀州では華岡青洲門で学んだ。江戸で開業して華岡流医術を行い、はじめて大腿切断手術に成功。水戸藩医、水戸医学教授となった。著書に『内科秘録』『瘍科秘録』などがある。

尾台榕堂

尾台榕堂 (1799~1870)

信濃魚沼郡医家小杉家の4男として生まれる。16才の時、江戸に出て尾台浅嶽について東洞流古方を学んだ。浅嶽の死後、師家を嗣ぎ、診療を継続した。浅田宗伯とともに幕末の江戸の二大名医として称えられた。吉益東洞に傾倒し、生涯東洞流医術を実践した。多くの門人を育成し、また著作多数。

漢方界の巨頭 浅田宗伯

漢方界の巨頭

浅田宗伯 (1815~1894)

信濃筑摩郡出身。中村仲・中西深斎に医を、猪飼敬所・頼山陽に文を学んだ。江戸で名医・名儒と交わり、臨床医として名声を博した。幕末にはコレラや麻疹の治療に腕をふるい、幕府の御目見医師に抜擢され、1865(慶応元)年幕命を受け、横浜駐在中のフランス公使レオン・ロッシュの治療に成功。法眼に進んだ。維新後は皇室の侍医として漢方をもって診療にあたり、漢方医学の存続に尽力した。

本草書

    • 重修草綱目敬蒙
      小野蘭山1803

      小野蘭山(1729~1810)は松岡玄達に学んだ本草の大家。本書は蘭山の『本草綱目』の講義録を門人らが編刊したもので、博物誌としての評価が高い。

    • 本草図譜
      岩崎灌園1828

      岩崎灌園(1786~1842)の編著になる江戸時代最大の植物図鑑。全95冊。極彩色の絵柄が美しい。灌園は小野蘭山の門人。

蘭学の受容

    • シーボルト
      (1796~1866)

      現在のドイツ、バイエルン州の医師の家に生まれる。ヴェルツブルグ大学医学部、動植物学、民族学なども学ぶ。1823年出島オランダ商館医として来日。日本に近代西洋医学を伝え、日本の近代化や、ヨーロッパでの日本文化の紹介に貢献した。

    • 緒方洪庵
      (1810~1863)

      備中足守の出身、江戸にて宇田川玄真に蘭学を学ぶ。長崎に遊学、大阪瓦町に蘭学塾を開く。後に北浜に移り、適塾と称する学問所を開き、多くの逸材を輩出した。種痘法の導入、普及に努力した。のち幕府に召され、法眼となる。

参考画像:
【多紀元簡】【多紀元堅】【和田東郭】【原南陽】【華岡青洲】【本間棗軒】【緒方洪庵】 財)武田科学振興財団 所蔵
【シーボルト】 長崎歴史文化博物館 所蔵
【浅田宗伯】 北里大学東洋医学総合研究所 医史学研究所 所蔵
【素問識】 財)武田科学振興財団 杏雨書屋 所蔵
【傷寒論輯義】【叢桂亭医事小言】【砦草】【春林軒丸散方】【内科秘録】【方伎雑誌】【類聚方広義】【勿誤薬室函口訣】【橘窓書影】【重修本草綱目啓蒙】【本草図譜】 ツムラ漢方記念館 所蔵

その他のおすすめコンテンツ

素問識

1806

考証学的手法によって著された『黄帝内経素問』の研究書。中国にも影響を及ぼした。

素問識

傷寒論輯義

1801

中国の傷寒論研究所40余種から勝れた注を選び、さらに考証学的注解を加えた『傷寒論』の研究注釈書。

傷寒論輯義

叢桂亭医小言

1803

原南陽が口述した医論・治療術を門人らが筆記、刊行したもの。乙字湯や九味擯榔湯はこの書が出典。

叢桂亭医小言

砦草

1818

和文で平易に書かれた救急医書。
民間療法が多く取り入れられている。

砦草

春林軒丸散方

1800頃

華岡青洲の常用した丸剤・散剤を収録した処方集。

春林軒丸散方

内科秘録

1864

活物窮理の精神をもって書かれた臨床的医書。 本間棗軒の豊富な臨床経験がうかがえる。

内科秘録

方伎雑誌

1870

尾台榕堂の医論・臨床治験・薬物論・随筆をまとめたもので、その医学観や臨床手腕を示す好著。

方伎雑誌

類聚方広義

1856

吉益東洞の『類聚方』に『方極』を加え、詳細な頭注を付した書。古方派の臨床実用書として評価が高い。

類聚方広義

勿誤薬室方函口訣

1878

浅田宗伯の実用処方579方につき、その運用の要領(口訣)を述べた書。『勿誤薬室方函』とともに現代日本漢方における常用処方の直接の出典となった。

勿誤薬室方函口訣

橘窓書影

1886

浅田宗伯が自己の治験例の数々を述べた書。その勝れた臨床手腕がうかがい知れる。

類聚方広義