自然と健康を科学する 漢方のツムラ

探求のこころを、人から人へ。~研究~

高知県が産んだ「日本植物分類学の父」牧野富太郎博士。
その業績を讃えて、1958年に開園したのが、高知県立牧野植物園です。
高知県民の憩いの場であり、保存・研究拠点である牧野植物園では
植物の分類、薬として使える植物の研究など、幅広い活動が行われています。