文字サイズ

検索

白虎加人参湯(ビャッコカニンジントウ)

「石膏」の白い色から“白虎”の名がつけられた

中国・漢代の医学書『傷寒論(しょうかんろん)』にも載っている古くからの漢方薬で、のどの渇きやほてりを鎮める「白虎湯(ビャッコトウ)」に、「人参」を加えた処方です。“白虎”とは中国の神話に出てくる四神の一つで、西を守る神とされています。薬が「石膏」により白い色をしていることから、この名がつけられたといわれています。

体がほてってひどくのどが渇く症状に

体に熱がこもってしまうと、ほてりやかゆみなどが起こることがあります。これを鎮めるのが「白虎加人参湯」です。

比較的体力がある人に向く薬で、湿疹・皮膚炎や皮膚のかゆみがある場合に適します。のどの渇きやほてりにも用いられます。また、初期の糖尿病で、のどが渇く場合に用いられることもあります。

出典:「NHKきょうの健康 漢方薬事典 改訂版」 (主婦と生活社)
無断転載・転用を固く禁じます。

配合生薬

知母(チモ)、石膏(セッコウ)、甘草(カンゾウ)、粳米(コウベイ)、人参(ニンジン)

製品情報

医療用漢方製剤