文字サイズ

検索

麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ)

強い咳が出たときに使われる

古くから気管支炎や気管支ぜんそくに用いられてきた薬です
体力が中程度よりあり、汗をよくかく、口の渇きがあるといった症状が処方の目安とされます。
4つの生薬が入っていて、気管支のけいれんを緩和し、効果を高めます。大人だけでなく、子どものぜんそくや気管支炎、かぜなどにも使われます。痔の痛みを和らげるときに用いられることもあります。

出典:「NHKきょうの健康 漢方薬事典 改訂版」 (主婦と生活社)
無断転載・転用を固く禁じます。

配合生薬

麻黄(マオウ)、杏仁(キョウニン)、甘草(カンゾウ)、石膏(セッコウ)

製品情報

医療用漢方製剤

一般用漢方製剤