文字サイズ

検索

桂枝加芍薬湯(ケイシカシャクヤクトウ)

体を温めて緊張をほぐす過敏性腸症候群の代表的な処方

中国・漢代の医学書『傷寒論(しょうかんろん)』に掲載されている古くからの漢方薬のひとつで、虚弱体質で、腹部膨満感があり、ふだんから胃腸が弱い人の下痢や便秘などに用いられる薬です。
過敏性腸症候群の下痢や便秘に用いられることがあります。どちらかというと下痢型に特に有効です。
この薬は「桂枝湯(けいしとう)」を基本に「芍薬」の量を増やした処方です。腸の過剰なぜんどう運動や緊張を抑えて、過敏性腸症候群を改善させます。

「大黄(だいおう)」を使いにくい高齢者や妊娠中の便秘にも

「桂枝加芍薬湯」は、「大黄」を含まない便秘薬として、「大黄」の刺激が問題になりやすい高齢者や妊娠中の女性の便秘にもしばしば処方されます。また腹部の膨満感や、頻繁(ひんぱん)に便意をもよおすのに少ししか便が出ないしぶり腹にも有効です。開腹手術後で腹部膨満感のある時や便通異常にも用いられます。

出典:「NHKきょうの健康 漢方薬事典 改訂版」 (主婦と生活社)
無断転載・転用を固く禁じます。

配合生薬

芍薬(シャクヤク)、桂皮(ケイヒ)、大棗(タイソウ)、甘草(カンゾウ)、生姜(ショウキョウ)

製品情報

医療用漢方製剤