文字サイズ

検索

香蘇散(コウソサン)

胃腸が弱い人、高齢者や妊婦のかぜによく処方される

「香蘇散」は、虚弱で胃腸が弱い人に向く薬で、かぜのひき始めによく用いられます。症状としては、軽い悪寒(おかん)や頭痛、鼻づまり、食欲不振などで、多くの場合、熱はあまり高くありません。「麻黄(まおう)」を含まないため、「葛根湯(カッコントウ)」などで食欲不振を起こすような人に勧められます。高齢者や妊娠中の女性にも使用されています。
「香蘇散」と言う名前は、「香附子」と「蘇葉」を主薬とするところから名づけられています。

神経質な人のストレス病にも使われる

また、「香蘇散」は神経質な人に向く薬とされ、漢方では「気うつ」の状態ととらえられ、血の道症※にも用いられます。

※血の道症:女性ホルモンの変動に伴って現れる体と心の症状

出典:「NHKきょうの健康 漢方薬事典 改訂版」 (主婦と生活社)
無断転載・転用を固く禁じます。

配合生薬

香附子(コウブシ)、蘇葉(ソヨウ)、陳皮(チンピ)、甘草(カンゾウ)、生姜(ショウキョウ)

製品情報

医療用漢方製剤