文字サイズ

検索

甘麦大棗湯(カンバクタイソウトウ)

心身の興奮を鎮めて不安定な状態を改善

心身の興奮状態を鎮めて、不安定な状態を改善させるのが、この薬の主な働きです。
漢方では、「五臓」の「心(しん)」※に、意識を保ち、精神を安定させる働きがあるとされています。そして、その働きが衰えると、イライラや不安、不眠などが現れると考えます。「甘麦大棗湯」は、そうした「心」の失調状態のときに用いられる処方です。腹直筋の緊張や筋肉のけいれん、生あくびなどがみられる人もいます。

女性や子どもの精神不安によく用いられる

「甘麦大棗湯」は女性によく用いられる薬で、不眠症、子どもの夜泣きやひきつけなどに処方されます。興奮、不眠、不安、あるいは悲観的な言動などが処方の目安です。
甘い味で、子どもにものませやすい薬です。

※五臓:西洋医学とは異なる臓のとらえ方で、肝・心・脾・肺・腎の働き

出典:「NHKきょうの健康 漢方薬事典 改訂版」 (主婦と生活社)
無断転載・転用を固く禁じます。

配合生薬

小麦(ショウバク)、大棗(タイソウ)、甘草(カンゾウ)

製品情報

医療用漢方製剤