文字サイズ

検索

滋陰降火湯(ジインコウカトウ)

気管支炎などの病気が長引き、のどにうるおいがなく、痰が切れにくくて、咳込む人の気管支炎、せきに用いられる。体力が低下している人に向く。

出典:「NHKきょうの健康 漢方薬事典 改訂版」 (主婦と生活社)
無断転載・転用を固く禁じます。

配合生薬

蒼朮(ソウジュツ)、 地黄(ジオウ)、 芍薬(シャクヤク)、 陳皮(チンピ)、 天門冬(テンモンドウ)、 当帰(トウキ)、 麦門冬(バクモンドウ)、 黄柏(オウバク)、 甘草(カンゾウ)、 知母(チモ)

製品情報

医療用漢方製剤