文字サイズ

検索

大防風湯(ダイボウフウトウ)

冷えのある人の痛みや腫れなどに

漢方で病気の外因の一つとされる「風(ふう)」を防ぐという意味をもつ「大防風湯」。病気が長引いたりして体力が低下している人で、顔色が悪く、関節が腫れて痛み、こわばって動かしにくい、神経痛といった症状があるときに用いられます。
慢性的に関節に炎症がある人に使われています。
「大防風湯」には15種類の生薬が配合されています。「人参」と「黄耆」を含む漢方薬を「参耆(じんぎ)剤」といいますが、大防風湯もその一つで、エネルギーが不足した状態を改善する漢方薬です。また、「附子」を含む「附子剤」の一つでもあります。

出典:「NHKきょうの健康 漢方薬事典 改訂版」 (主婦と生活社)
無断転載・転用を固く禁じます。

配合生薬

地黄(ジオウ)、芍薬(シャクヤク)、甘草(カンゾウ)、防風(ボウフウ)、蒼朮(ソウジュツ)、附子(ブシ)、杜仲(トチュウ)、羌活(キョウカツ)、川芎(センキュウ)、当帰(トウキ)、牛膝(ゴシツ)、乾姜(カンキョウ)、黄耆(オウギ)、人参(ニンジン)、大棗(タイソウ)

製品情報

医療用漢方製剤