文字サイズ

検索

小建中湯(ショウケンチュウトウ)

虚弱な子どもの体質改善などに使われる

「小建中湯」は、胃腸を意味する「中」を「建て直す」薬で、「桂枝加芍薬湯(ケイシカシャクヤクトウ)」に「膠飴(コウイ)」を加えた処方です。「桂枝加芍薬湯」よりさらに「虚証」※の人に用いられます。
処方されるのは子どもが多く、虚弱体質や夜尿症、夜泣きの改善を目的として使われます。
疲れやすい、胃腸が弱い、かぜをひきやすいといった虚弱体質の改善は、西洋医学ではなかなか対処しにくいものですが、漢方では得意とするところです。「小建中湯」は疲労倦怠感、寝汗、動悸、腹痛、冷え、頻尿などの症状があり、腹直筋が緊張しているような場合に使われます。

胃腸が弱い人の腹痛、過敏性腸症候群などにも

胃腸の調子をよくして体力をつける薬ですから、大人でも、胃腸が弱く、神経質で、緊張するとおなかが痛くなったり、過敏性腸症候群の人などの腹痛に用いられます。

※「虚証」:体力がなく、弱々しい感じの人

出典:「NHKきょうの健康 漢方薬事典 改訂版」 (主婦と生活社)
無断転載・転用を固く禁じます。

配合生薬

芍薬(シャクヤク)、 桂皮(ケイヒ)、 大棗(タイソウ)、 甘草(カンゾウ)、 生姜(ショウキョウ)、膠飴(コウイ)

製品情報

医療用漢方製剤

一般用漢方製剤