文字サイズ

検索

通導散(ツウドウサン)

漢方では、血行障害やうっ血など、「血(けつ)」の巡りが悪くなった状態を「瘀血(おけつ)」という概念でとらえます。「通導散」は「瘀血」を改善する「駆瘀血剤(くおけつざい)」の一つで、比較的体力があり、下腹部に圧痛があって便秘がちの人の、月経不順、月経痛、更年期障害、腰痛、便秘、打撲、高血圧にともなう頭痛・めまい・肩こりなどに用いられます。

出典:「NHKきょうの健康 漢方薬事典 改訂版」 (主婦と生活社)
無断転載・転用を固く禁じます。

配合生薬

当帰(トウキ)、大黄(ダイオウ)、芒硝(ボウショウ)、枳実(キジツ)、厚朴(コウボク)、陳皮(チンピ)、木通(モクツウ)、紅花(コウカ)、蘇木(ソボク)、甘草(カンゾウ)

製品情報

医療用漢方製剤