文字サイズ

検索

黄連湯(オウレントウ)

急性・慢性の胃炎や胃痛など、胃腸の症状に

胃のあたりに停滞感や重圧感があり、食欲不振や腹痛、胸やけ、吐き気、口臭などをともなう急性胃炎、二日酔い、口内炎などに用いられる漢方薬です。

中国・漢代の医学書『傷寒論(しょうかんろん)』で紹介されている処方で、おなかが痛み、嘔吐する者に用いられるとあります。

出典:「NHKきょうの健康 漢方薬事典 改訂版」 (主婦と生活社)
無断転載・転用を固く禁じます。

配合生薬

半夏(ハンゲ)、 黄連(オウレン)、 甘草(カンゾウ)、 桂皮(ケイヒ)、 大棗(タイソウ)、 人参(ニンジン)、 乾姜(カンキョウ)

製品情報

医療用漢方製剤