文字サイズ

検索

茵蔯蒿湯(インチンコウトウ)

肝臓や胆のうの病気で黄疸が出ている場合に

「茵蔯蒿湯」は中国・漢代の医学書『傷寒論(しょうかんろん)』や『金匱要略(きんきりょうりゃく)』の「黄疸編」に載っている処方で、古くから黄疸の改善に用いられてきました。黄疸とは、胆汁中の色素が血液中に多くなって、皮膚や白眼が黄色くなるものです。
皮膚のかゆみ、湿疹、皮膚炎、じんましん、口内炎などに用いられます。

「茵蔯蒿」などが胆汁の量を増やし流れをよくする

「茵蔯蒿湯」は、比較的体力があり、便秘がちの人に向く薬です。尿の量が減ったり、口が渇いたりするのも特徴的な症状で、上腹部から胸部の不快感をともなうこともあります。胃腸が弱い、下痢がちな人には向きません。

出典:「NHKきょうの健康 漢方薬事典 改訂版」 (主婦と生活社)
無断転載・転用を固く禁じます。

配合生薬

茵蔯蒿(インチンコウ)、山梔子(サンシシ)、大黄(ダイオウ)

製品情報

医療用漢方製剤