トップ患者さま・ご家族の皆さま > 漢方情報

漢方情報

漢方とは 〜患者さまの個々の状態を重視した医療です

漢方は、もともと中国(漢)で発達し、日本に渡って独自の発展をしてきた伝統医学です。患者さまの自覚症状を重視し、病気を身体全体の不調和ととらえ、正しくととのえるのが目的。人が本来持っている病気と闘い、治す力(自然治癒力)を高めることに重点をおいています。

治療に使われる漢方薬は、草根木皮を中心に動物由来のもの、鉱物などの天然物(生薬)を組み合わせて作られています。現在では、多くの医師が日常診療に漢方治療を取り入れています。西洋医学的な診断に加え、漢方独自の診断によって、患者さん個々に合った漢方薬が処方されます。
また医学、薬学教育のカリキュラムにも取り入れられるようになっており、現代医療に欠かせない治療法となっています。
【監修】
北里大学名誉教授
元日本東洋医学会会長
石橋 晃

漢方の考え方
「漢方薬」とはどのようなものなのでしょうか。民間薬や西洋薬との違いについてもご紹介します。
漢方の考え方
漢方薬と民間薬との違い
漢方薬と西洋薬との違い
漢方薬にも副作用はあります
漢方製剤について
「漢方薬」にはどのようなものがあるでしょうか。また、漢方薬に保険がきくって本当?
漢方薬の種類
漢方薬に健康保険がきくのか
   
漢方の歴史
漢方は日本の風土・気候や日本人の体質にあわせて独自の発展を遂げたものなのです。
伝来
模倣
日本化
漢方の始まり
独自化の達成
衰退・存続
復興
発展・新展
   
漢方薬ができるまで
病院で処方される漢方薬はどのように作られるのでしょうか。その工程をご紹介します。
漢方薬ができるまで
製造工程をコンピュータで管理
品質を厳しくチェック
生薬について
個々の生薬の紹介や当社発行の植物研究雑誌です。
植物研究雑誌
   
ニュースリリース一覧