文字サイズ

検索

咳のまとめ

<咳とは>

咳は気道の分泌液、あるいはウイルスや花粉などの異物を体外に追い出すために起こる、重要なカラダの防衛反応の一つです。

<咳の治療>

漢方医学の視点

漢方薬でカラダの内側から水のバランスを整えて、気道を潤すことで、咳を出にくくします。

<病院での診察>

「どういう咳をしているのか」という情報と合わせて、肺のX線検査、CT検査、血液検査、喀痰検査、肺機能検査といった検査を必要に応じて行い、咳の原因を探っていきます。

咳のメカニズム・西洋医学の考え方

咳は気道の分泌液、あるいはウイルスや花粉などの異物を体外に追い出すために起こる、重要なカラダの防衛反応の一つです。
具体的には、原因となる物質によって気道(喉頭や気管支など)の粘膜が刺激されて咳反射が起こると、吸い込んだ空気が急激に外に押し出され、咳が出ます。1回の咳で吐き出される空気の量は健康な人で2200mL前後、肺の病気を持っている人で660mL前後といわれています。また、咳をしたときの空気のスピードは160〜220m/秒。音速が331.5m/秒(摂氏0度の場合)ですから、相当な速さといえるでしょう。

咳の大きな特徴は、一度続くとなかなか止まらないところで、そのために夜眠れない、胸が痛くなる、体力が消耗して疲れる、といった健康問題が起こることも少なくありません。ただ、基本的に咳はカラダから異物を排除するための反応なので、むやみに止めるのはよくないとされています。
やはり、まずはできるだけ早くその原因を明らかにして、早めに適切な対策をとることが大切となります。

咳の原因で多いのは、感染症、アレルギーなどの病気、タバコや粉じんなどのほこりによるものです。
感染症では風邪がもっとも多く、そのほかに急性気管支炎やウイルス性・細菌性の肺炎などでも咳が出ます。結核も咳が出る病気です。結核は昔の病気と考えている人もいるかもしれませんが、いまも毎年、2万5000人ぐらいの人がかかっています。
アレルギーでは気管支喘息、咳喘息、花粉症などで咳が出ます。
タバコが原因で慢性的に咳が出るときは、慢性気管支炎にかかっていることが少なくありません。この慢性気管支炎は最近では、肺気腫(肺の組織が壊れたり、炎症が見られたりする病気)と合わせて「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」と呼んでいます。
また、咳というと肺がんを思い浮かべる人も多いと思います。その肺がんや、のどのがんである喉頭がんでも咳が出ることがあります。
このほか、胃食道逆流症(胃酸が逆流する病気)、後鼻漏(こうびろう:鼻汁がのどのほうに流れる症状。慢性副鼻腔炎で起こりやすい)、大動脈瘤など、肺や気管支の病気以外でも咳が出ることがあり、また服用中の薬でも咳が出ることがあるので、注意が必要です。

咳のおもな原因

感染症 風邪、急性気管支炎、ウイルス性肺炎(パラインフルエンザウイルス、RSウイルス、アデノウイルスなど)、細菌性肺炎(肺炎球菌、インフルエンザ菌、黄色ブドウ球菌など)、マイコプラズマ肺炎、結核など
アレルギー 気管支喘息、咳喘息、花粉症など
タバコ・ホコリ COPD(慢性気管支炎、肺気腫)など
そのほか 肺がん、咽頭がん、心不全、胃食道逆流症、薬の服用など

このように、咳の原因は多岐にわたるため、原因を明らかにするには、患者さんが「どういう咳をしているのか」という情報がとても大切になります。
痰を伴う咳か、乾いた咳かといった咳の状態だけでなく、どれくらい続いているか、咳が出る時間帯は決まっているかといったことも、不可欠な情報といえます。

どんな咳か?

・どんなタイプの咳か(痰を伴うか、乾いた咳か、湿った咳か)
・いつから続いているのか(1週間ぐらい前、3カ月ほど前など)
・どんなときに咳が出るのか(就寝中、食事中、冷たい空気に触れたときなど)
・胸の痛みや息切れ、喘鳴(ゼーゼーする状態)など、ほかの症状はあるか
・痰を伴う咳をしている場合、痰の色は何色か

こうした咳の情報と合わせて、病院では肺のX線検査、CT検査、血液検査、痰の検査(喀痰検査:かくたんけんさ)、肺機能検査といった検査を必要に応じて行い、咳の原因を探っていきます。

原因が分かったら、感染症なら抗菌薬の服用、喘息にはステロイド薬の吸入というように、原因に応じた治療を進めていきます。

薬の中には咳そのものを止める鎮咳薬(ちんがいやく)、いわゆる咳止めもありますが、咳には異物を取り除くという重要な役目があるため、とくにたくさんの痰を伴うような咳は、こうした薬で咳を止めるのは望ましくないとされています。
また、鎮咳薬は脳の中枢神経にはたらくことで咳を止めますが、成分のなかには依存性が出たり、副作用が起こったりするものもあるので、服用する場合は、夜間だけなど一時的な使用に限ったほうがよく、それも使い方や注意事項について、事前にしっかり医師に聞いておくことが大切です。

一方、日常生活では、湿度が高いと咳が出にくくなるので、加湿器などで室内を十分に加湿することが大切。直接、蒸気を吸うのも、咳を止めるのに役立ちます(高温の蒸気ではやけどをするおそれがあるので、注意を)。水分をたくさんとるのもお勧めです。
もちろん、咳の原因となるタバコをやめるのは大前提で、咳が出やすい時期にはホコリが舞いやすい場所に行くのも控えたほうがいいでしょう。

そして風邪などの感染症で咳が出ている場合は、まわりの人に病気をうつさない「咳エチケット」を。外出時にはマスクをするのはもちろん、咳をするときはティッシュペーパーやハンカチで口を押さえ、人がいない方向を向くようにしましょう。使ったティッシュはすぐにゴミ箱に捨て、できれば、石けんでていねいに手を洗いましょう。

漢方医学ではこう診る

風邪に対して有効な漢方薬があるように、咳という症状に対して効果を発揮する漢方薬もあります。とくに、風邪を引いた後いつまでも咳が続く「風邪の後の長引く咳」で漢方薬が用いられることが少なくありません。
また、気管支喘息やCOPDが原因でなかなか治まらない咳に対しても、漢方薬が有効であることが知られています(気管支喘息で、発作的な咳や喘鳴が出たときは、ステロイド吸入薬などの西洋薬が必要になります)。

漢方には「気・血・水(き・けつ・すい)」という3つの要素があり、これらのバランスが崩れることで、カラダに不調が現れると考えられています。
たとえば、風邪の後の長引く咳は、カラダから水分が奪われている、漢方でいうところの水のバランスが崩れた、「水毒(すいどく)」という状態が起こっているとされています。そこで、漢方薬でカラダの内側から水のバランスを整えて、気道を潤すことで、咳を出にくくします。加湿器などでのどを潤すことによる咳止め効果を、漢方ではカラダの内側からもたらしているといえるでしょう。

さらに、気管支喘息やCOPDなどの慢性病を抱えているときの、長引く咳には次のような漢方薬が用いられることがあります。また、咳によって体力が奪われてしまっているようなときは、元気をつける補中益気湯※(ほちゅうえっきとう)などの漢方薬を使うこともあります。

気管支喘息、慢性気管支炎(COPDなど)で長引く咳を改善するとされる漢方薬
気管支喘息

麦門冬湯
(ばくもんどうとう)
体力中等度以下で、たんが切れにくく、ときに強くせきこみ
又は咽頭の乾燥感がある方のからぜき、気管支喘息など
柴朴湯
(さいぼくとう)
体力中等度で、気分がふさいで、咽喉、食道部に異物感がある方の気管支喘息、せきなど
小青竜湯
(しょうせいりゅうとう)
体力中等度又はやや虚弱で、うすい水様のたんを伴う方の気管支炎、気管支喘息など
麻杏甘石湯
(まきょうかんせきとう)
体力中等度以上で、せきがでて、ときにのどが渇く方のせき、気管支喘息など
五虎湯
(ごことう)
体力中等度以上で、せきが強くでる方のせき、気管支喘息など
神秘湯
(しんぴとう)
体力中等度で、せき、喘鳴、息苦しさがあり、たんが少ない方の小児喘息、気管支喘息など
苓甘姜味辛夏仁湯
(りょうかんきょうみしんげにとう)
体力中等度又はやや虚弱で、胃腸が弱り、冷え症でうすい水様のたんが多い方の気管支炎、気管支喘息など
など

慢性気管支炎(COPDなど)

清肺湯
(せいはいとう)
体力中等度で、せきが続き、たんが多くて切れにくい方の
ぜき、気管支炎など
滋陰降火湯
(じいんこうかとう)
体力虚弱で、のどに潤いがなく、たんが切れにくくてせきこむ方の気管支炎、せき
滋陰至宝湯
(じいんしほうとう)
体力虚弱な方の慢性のせき、たん、気管支炎

漢方薬のよさは、気・血・水のバランスを整えて気道の状態を良くすることで、咳を止めていくところにあります。ただし、小青竜湯や麻杏甘石湯、五虎湯、神秘湯には、麻黄(まおう)という生薬が含まれるため、高齢者や胃腸が弱い人、心臓病をわずらっている人、腎機能障害が進んだ人などは副作用が出やすいので、服用前に医師または薬剤師に相談してください。

漢方の診察では、独自の「四診」と呼ばれる方法が用いられることがあります。一見、ご自身の症状とはあまり関係ないように思われることを問診で尋ねたり、お腹や舌、脈を診たりすることがありますが、これも病気の原因を探るために必要な診察です。

*すべての医師がこの診療方法を行うとは限りません。一般的な診療だけで終える場合もあります。

【監修医師】
青山稲木クリニック所長 稲木一元先生

東京生まれ。1978年千葉大学医学部卒業。この頃より母方叔父で元日本東洋医学会会長の松田邦夫先生に漢方の指導を受ける。1978年~1983年、日本赤十字医療センター内科(主に循環器内科)勤務。1983年~1993年、漢方専門で開業。1993年~2002年3月、財団法人日本漢方医学研究所付属渋谷診療所副所長。2002年6月より漢方医学研究所・青山稲木クリニックを開設、西洋医学と漢方医学の融合した医療を目指している。現在、東京女子医科大学東洋医学研究所講師、(社)日本東洋医学会理事、日本赤十字社医療センター内科非常勤。