文字サイズ

検索

情報収集・提供活動、研究・開発について

当社は「国内のどの医療機関・診療科においても、患者様が必要に応じて“漢方”を取り入れた治療を受けられる医療現場の実現に貢献する」ことを目指しています。そのために、大学医学部・医科大学における医学生への漢方医学教育の支援、臨床研修指定病院における研修医への漢方説明会での支援、医療担当者への各種漢方セミナーやプロモーション活動を体系立てて継続実施していきます。

漢方のツムラに向けた取り組み

活動の全体像

画像を拡大する 活動の全体像

漢方医学の確立

漢方医学の確立のため、全国80の大学医学部・医科大学における漢方医学に関する講義履修の必修化、漢方医学教育ができる講師を担う人材を育成する場としての学内勉強会の実施、大学病院における臨床実習を目的とした漢方外来※の設置に対する支援活動を継続してきました。その結果、2004年度には全国80の大学医学部・医科大学のすべてにおいて、漢方医学教育が実施されるようになりました。現在では8コマ以上の漢方医学教育が、ほとんどの大学で必修の講義となり、漢方外来も設置されるようになりました。このように、大学での漢方医学教育は着実に定着してきています。
今後も、より多くの医師に漢方を取り入れた治療を行っていただくためには、卒前・卒直後、卒後の一貫した漢方医学教育に対する継続的な支援が重要と考えています。

※ 漢方外来:漢方医学的な診察・治療を行う漢方専門の外来

漢方医学の教育支援

1997年度から全国80の大学医学部・医科大学で漢方医学教育の実態把握に努め、カリキュラムに組み込まれるよう情報提供を行ってきましたが、漢方医学教育を導入した大学は半数にも満たない状況でした。その後、2001年3月に文部科学省が発表した「医学教育モデル・コア・カリキュラム」において「和漢薬を概説できる」と定められたことが、漢方医学教育の大きな転機となりました。さらに、2011年3月の改訂では「和漢薬、漢方薬の特徴や使用の現状について概説できる」と文言が修正され、より具体的になっています。これを受けて、当社は以下の目標に基づき大学医学部・医科大学における漢方医学教育の導入支援を行っています。

  • 1. 卒前教育における「漢方臨床実習」の導入推進
  • 2. 大学病院本院に漢方外来の設置
  • 3. 学内教員育成システムの構築(学内で漢方を教える教員の育成)

これらの目標達成に向け、全国80の大学医学部・医科大学に情報提供活動を行ってきました。さらに、漢方医学教育活動を支援するため、カリキュラムの責任者や実際に漢方を教えている教官などを対象に、漢方医学教育の取り組みなどを情報発信する「KAMPO MEDICAL SYMPOSIUM」を2001年から毎年開催しています。2016年は、全国の大学医学部・医科大学の病院長・医学部長・カリキュラム責任者のほか、文部科学省の担当者など、約660名の方々が参加されました。

医療担当者への情報提供活動

漢方製剤の信頼を高めるための情報提供活動

当社が「漢方医学の普及」を目標に活動を開始した当時、西洋医学が主体で漢方製剤も使用している医師に処方理由を質問したところ、「西洋薬で治療がうまくいかない疾患に効果を発揮したから」という回答がほとんどでした。そこで、新薬治療で難渋している疾患で、医療用漢方製剤が特異的に効果を発揮する疾患に的を絞った情報提供を展開してきました。とくに、大学病院、臨床研修指定病院の医師にはその科学的根拠となるエビデンスに基づく情報提供を行っています。
漢方のエビデンス構築の進展や大学医学教育に漢方が導入されたことにより、漢方を理解する医師が増加してきました。漢方治療は同じ病名であってもすべてに同じ漢方薬が処方される訳ではありません。患者様一人ひとりに合った漢方薬を提案していただけることを目指して、複数の有効な漢方薬を提案する活動などを実施しています。

医療担当者対象の「漢方医学セミナー」

学生時代に漢方医学を学ぶ機会がなかった医師などを対象に、漢方医学を段階的に学ぶ場として「入門セミナー」「フォローアップセミナー」「ステップアップセミナー」を開催しています。これらのセミナーは、医師が漢方医学の体系的な知識を学ぶ場であるとともに、医師同士の熱心な議論の場にもなっています。2016年3月末までに、入門セミナーには約4万8千名、フォローアップセミナーには約3千5百名、ステップアップセミナーには約2万2千名の医師が参加されました。また、漢方製剤は女性特有の疾患にも広く期待が寄せられており、女性専門外来を担当している女性医師を対象としたセミナーも開催しています。
近年、薬剤師・看護師などそれぞれの医療職種が役割分担を見直し、個々の専門性を高め、そのうえで幅広く連携したチーム医療がますます重要になってきています。そのような薬剤師・看護師が漢方の情報を求めるニーズの高まりに応じて、薬学系・看護学系学会 での「漢方ランチョンセミナー」や、薬剤師・看護師のための「漢方医学セミナー」を開催するなど、継続的な情報提供活動を行っています。

活動の原点

当社の医療用漢方製剤は、1976年に33処方が薬価基準に収載されました。その後、段階的に収載処方数が増え1987年には129処方となり、現在に至っています。薬価基準収載以降、医療用漢方製剤の売上は着実に伸長、1991年度には約1,000億円に達しました。そのような中、当時の主力製品であった小柴胡湯(ショウサイコトウ)に副作用問題が発生。安全性を不安視する声が広がり、医療用漢方製剤全体の売上が低迷しました。この背景として、漢方製剤にも副作用はあるということが、医療現場で十分に認識されていなかったことなどが考えられます。漢方製剤の普及が進む一方で、漢方医学的な診断や有効性・安全性を含めた「漢方医学」そのものが、医療現場や国民の皆様に十分に浸透していなかったことが一因でした。その後、それまでの営業方針を大きく転換し1997年度から「漢方医学の確立」、2004年度から「育薬」をスタートさせるなど、さまざまな施策を実行してきました。2015年度の実績は1,900万本を超えました。

医療用漢方製剤129処方の実績推移
(実売※数量の伸び)

  • 1991年 小柴胡湯の使用上の注意改訂
    1994年 小柴胡湯とインターフェロン製剤の併用禁忌
    1996年 小柴胡湯の死亡例報告
  • 1997年度
    「漢方医学の普及」を目標にさまざまな施策を開始

    2005年度
    「漢方医学の確立」に目標を変更
  • 2004年度
    エビデンスの確立を目指した「育薬」をスタート
  • 2004年度
    すべての大学医学部・医科大学で
    漢方医学教育が実施される

※実売:医療代理店から医療機関への販売をあらわす

育薬の推進

疾患を絞ったエビデンス(科学的根拠)の確立

医療用漢方製剤を処方していない医師があげる一番の理由は、科学的根拠がないというものでした。そこで、近年の疾病構造を見据え、医療ニーズの高い領域において新薬治療で難渋している疾患で、医療用漢方製剤が特異的に効果を発揮する疾患に的を絞り、エビデンスを確立することを「育薬」と名付け、2004年度から取り組みを開始しました。現在は、全129処方の中から大建中湯(ダイケンチュウトウ)・六君子湯(リックンシトウ)・抑肝散(ヨクカンサン)・牛車腎気丸(ゴシャジンキガン)・半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)の5つを育薬処方とし、エビデンス確立に向けた基礎・臨床研究を推進しています。これら、育薬5処方を中心とした基盤・臨床的エビデンスの確立に加え、副作用発現頻度調査や相互作用といった安全性データの構築、育薬5処方他の主要成分レベルでのADME※(薬物動態)の解明を3つの柱として、活動を推進しています。
また、国内外での医療用漢方製剤の基礎・臨床研究および米国における開発をより一層推進することを目的として、2013年度に「製品戦略本部」を設立し、育薬処方をきっかけに使用が広がりつつある他処方の研究体制も整えました。

※ADME:Absorption(吸収)、Distribution(分布)、Metabolism(代謝)、Excretion(排泄)の頭文字の略語。生体に薬物を投与した後に、体内でどのような動態を示すかをみる

育薬5処方の基礎・臨床研究

  • 大建中湯ダイケンチュウトウ 対象疾患・症状 術後イレウス(腸管麻痺)などに伴う腹部膨満感
    大建中湯の当該対象疾患・症状における臨床的エビデンス確立を目的として、2007年に「DKTフォーラム」が設立されました。このフォーラムでは、4つの臨床研究(大腸班、肝外科班、胃・食道班、臨床薬理班)と、大建中湯の作用メカニズム解明を目的とした基礎研究が開始されました。この研究結果は国内外の学会などで発表され、2015年には、Journal of the American College of Surgeons(JACS)誌など、すべての結果が英文誌に掲載されました。
    現在の消化器外科領域では、手術後早期回復の観点から、ERASプロトコル※という考え方が注目されています。
    大建中湯においても、消化管運動亢進、腸管血流増加、抗炎症などの作用があり、このERASプロトコルに合致する医薬品として、その有効性が検討されています。現在、全国14の施設において、成人肝臓移植後の消化管障害に対する有効性に関する検討が実施されています。
    また、手術の負担が少なく、手術後早期回復に役立つとされる腹腔鏡下手術における腹部膨満感に対する研究も開始されました。 ※ERASプロトコル:手術後の早期回復に有効なことが医学的に証明された手法を総合的に導入する管理方法。(ERASは、Enhanced Recovery After Surgeryの頭文字の略)
  • 六君子湯リックンシトウ 対象疾患・症状 FD(機能性胃腸症)、GERD(胃食道逆流症)などに伴う上腹部不定愁訴、食欲不振
    六君子湯においては、これまで実施されたさまざまな臨床研究に基づき、2015年に改訂された『胃食道逆流症診療ガイドライン(日本消化器病学会編集)』に治療手段としてとりあげられました。
    また、健常人を対象としたADME(薬物動態)臨床試験の結果が、2015年7月医学雑誌「PLOS ONE」に掲載されました。さらに2016年度から副作用発現頻度調査を開始し、有効性とともに安全性の情報も充実させていく予定です。
    今後の消化器内科領域の展開として、六君子湯の研究により得られた知見をもとに、六君子湯の効果が不十分な患者様に対して、半夏瀉心湯など他処方の研究をすすめ、漢方製剤の有効性を追求していきます。
    一方、2016年度~2021年度新中期経営計画における重点3領域のひとつである高齢者関連領域に対して、六君子湯を中心に食欲不振などに対する有効性を確認する臨床研究に着手する予定です。
  • 抑肝散ヨクカンサン 対象疾患・症状 認知症の行動・心理症状(BPSD※)
    抑肝散は、2004年度からエビデンス集積に取り組み、作用メカニズムの解明、活性成分が同定され、その成分が血中に吸収されることが健常人で確認されました。
    臨床では、認知症の行動・心理症状(BPSD)への効果確認や副作用発現頻度調査が行われ、有効性や安全性のエビデンスが集積されています。
    その結果、『認知症治療ガイドライン2010(日本神経学会監修)』『高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015(日本老年医学会編集)』に掲載されるなど、広くBPSDの治療方法として知られるようになりました。
    また最近では、認知症患者様を対象とした睡眠障害の臨床研究結果が、The Journal of Prevention ofAlzheimer’s Disease誌に掲載されるなど、不眠症や不安神経症などの精神神経症状を有する疾患に幅広く臨床応用されています。
    今後も、抑肝散の研究により得られた知見をもとに、BPSDにおける抑肝散類似処方の使い分けや、抑肝散の効果が不十分な患者様に対して、他処方の研究をすすめ、漢方製剤の有効性を追求していきます。 ※BPSD:Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia( 興奮、焦燥感、睡眠障害など)
  • 牛車腎気丸ゴシャジンキガン 対象疾患・症状 抗がん剤などによる末梢神経障害(しびれなど)
    半夏瀉心湯ハンゲシャシントウ 対象疾患・症状 抗がん剤などによる粘膜障害(下痢・口内炎)
    牛車腎気丸は抗がん剤投与にともなう末梢神経障害(しびれ・痛み・冷感)に対して、半夏瀉心湯は化学療法(抗がん剤投与)や放射線療法にともなう消化管粘膜障害(下痢・口内炎)に対して、それぞれの症状の軽減を目的に研究がすすめられています。
    その結果として、半夏瀉心湯のがん化学療法中の口内炎に対する有効性を示唆するHANGESHA-G Study論文が、Chemotherapy and Pharmacology(CCP)誌に2015年5月掲載されました。
    また、六君子湯は抗がん剤投与による悪心や食欲不振に対して、抑肝散はモルヒネ投与や手術直後のせん妄に対してなど、がん領域におけるエビデンス構築に向けて多くの基礎・臨床研究ならびにGCP※に準拠した製造販売後臨床試験が実施されています。さらにがん領域でニーズの高いがん関連疲労における漢方製剤の有効性についても検討がすすめられています。 ※GCP(Good Clinical Practice):医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令

海外でも注目される漢方研究

漢方研究は海外でも注目されており、米国消化器病週間(DDW※1)や米国生物学的精神医学会(SOBP※2)で、育薬 処方などの研究結果が発表されています。2016年度のDDWでは、16演題(大建中湯4演題、六君子湯7演題、その他4処方5演題)が発表されています。

※1 DDW:米国で毎年開催される消化器関連の学術集会(Digestive Disease Week)

※2 SOBP:米国生物学的精神医学会(Society of Biological Psychiatry)

漢方の国際化

米国におけるTU-100(ダイケンチュウトウ)の開発

米国食品医薬品局(FDA)は、2004年に植物製剤の米国内での開発方針を「植物薬ガイダンス」として示しました。当社は、これに従い、TU-100の製造・品質管理方法に関するFDAとの合意を図るための活動を推進しています。同時に、手術後の患者様を対象としたTU-100の忍容性試験を実施し、安全性・服薬コンプライアンスに問題がないことを確認した後、2008年6月から社内開発体制を整え、本格的に米国開発に着手しました。

米国内での臨床試験の推進

2009年からは、健常人を対象とした臨床薬理試験を米国の医療機関で実施し、米国人での消化管運動亢進作用を確認しました。さらに、2010年から機能性便秘症患者様を対象とした臨床薬理試験を、米国の医療機関で実施しました。その結果、TU-100が痛みに影響することなく、内臓感覚閾値(直腸感覚、排ガス感覚)の低下に関与することが確認されました。
2013年からは、過敏性腸症候群(IBS)患者様の消化管知覚改善作用を対象とし、臨床薬理試験を新たにスタートさせました。あわせて、2014年からIBS患者様での探索的な有効性試験を実施しています。一方、POI※については2014年から腹腔鏡下大腸切除患者様を対象とした臨床試験を実施しています。2011年から実施したクローン病患者様を対象とした有用性探索試験は、2014年度に終了しました。

※ POI: Postoperative ileus(術後腸管機能障害)

TU-100 臨床試験の進捗状況(PhaseII前期)

画像を拡大する TU-100 臨床試験の進捗状況(PhaseII前期)

FDA要求事項への対応

FDAは「植物薬ガイダンス」の中で植物製剤の安全性を重視しており、その情報の提供を求めています。大建中湯の安全性を明らかにするために、日本国内にて副作用発現頻度調査、薬物動態試験を実施し、その結果をFDAに報告しました。また、腸内細菌についても情報が集積されつつあります。

副作用発現頻度調査

FDAとの協議のもと、2010~2012年に日本にて大建中湯の副作用発現頻度調査を実施しました。本調査の結果はFDAに提出し、日本でも2012年11月医療用医薬品添付文書を改訂し、医療担当者に対して情報提供活動を行いました。

薬物動態試験

大建中湯に含まれる成分の血中濃度推移を明らかにするため、2010年に日本人、2011年には米国人を対象として実施しました。また、日本人と米国人の試験結果について統合解析を行い、人種差がないことを確認しました。さらに、薬物代謝酵素および薬物トランスポーターに関しては、相互作用がないことが確認されました。

腸内細菌研究

大建中湯の腸内細菌に対する作用については、米国の大学との共同研究をすすめており、DDW2013で発表され、2015年度にはPharmacology Research &Perspective誌に論文が掲載されました。

科学的品質評価法の確立

当社は常に最新の技術を用いた品質管理を進めてきましたが、FDAも複数の植物を原料とする生薬製剤の品質評価方法、製品の均一性の評価法について重要視しています。2014年には、バイオアッセイ(生物学的検定法)・HPLC-FP※による植物薬の科学的品質評価法の確立に向け、FDAとの公式ミーティングを実施し、一定の合意を得ることができました。引き続きFDAとのミーティングにて相互理解を得ながら、米国での漢方製剤の上市に向けた活動を進めていきます。

※ HPLC-FP:化学分析法の一つ(高速液体クロマトグラフィー法による成分分析)