文字サイズ

検索

漢方の「品質」が患者様に届くまで
~漢方バリューチェーン~

生薬栽培から流通までのトレーサビリティ体制

原料生薬栽培・調達

原料生薬栽培・調達について

1

原料生薬栽培

原料生薬の多くは栽培品で、医薬品の原料として一定の品質が求められており、栽培方法・使用農薬などが管理されています。野生品についても同等の品質のものが採集されています。

中華人民共和国(中国)中華人民共和国(中国)

日本日本

ラオス人民民主共和国(ラオス)ラオス人民民主共和国(ラオス)

2

原料生薬調達・調製加工・保管

各地で調達された原料生薬は、異物や不良品が混入していないか入念にチェックされ、基準をクリアしたものだけが調製加工され、品質が劣化しないよう低温倉庫で保管されます。

中華人民共和国(中国)中華人民共和国(中国)

産地会社
(約130社)

関連会社

日本日本

契約栽培団体主要6拠点

夕張ツムラ
(北海道夕張市)

その他
契約栽培団体

夕張ツムラ

ラオス人民民主共和国(ラオス)ラオス人民民主共和国(ラオス)

ラオツムラ
(ラオス サラワン県)

ラオツムラ

加工場

3

品質
試験

選別加工・保管

残留農薬、微生物や重金属などの品質試験によるチェックを経て、ツムラグループで定めた品質基準をクリアした原料生薬だけが、漢方製剤を製造する各工場に供給されます。

選別

深圳津村薬業有限公司(中国深圳市)

石岡センターと上海工場へ

石岡センター(茨城県石岡市)

静岡工場と茨城工場へ

原料生薬栽培・調達について