文字サイズ

検索

ツムラの原動力/MR新入社員座談会

2014年度入社の新入社員に(座談会で)話を聞きました。
就職活動中から現在までの彼らのリアルな声をお届けします。

Sさん 法学部出身 京都営業所 Nさん 薬学部出身 山口営業所 Yさん 商学部出身 札幌第一営業所 Cさん 国際関係学部出身 埼玉第二営業所 Hさん 国際食料情報学部出身 城南営業所

どのような就職活動を行っていましたか?

Yさん

MRという仕事に魅力を感じていたので、製薬企業に的を絞って約50社にエントリーしました。就職活動中もアルバイトを継続していましたし、地方出身なので、体力的にも金銭的にも厳しかったです。ES提出の締め切りが重なった時期はかなり辛かったことを覚えています。

Sさん

活動初期は業種を絞り込まないで、色々な会社ランキングを調べてみたり、気になる企業にエントリーしてみたりしていましたね。本腰を入れてからは、第一線で働く大学の先輩や知り合いの方からできるだけ多くの情報を集めました。その後、自分の目で見て肌で感じることを大切にして、企業を選び、選考に進みました。

Nさん

私は企業という大きな組織や広い世界に身を置き、薬剤師以外の社会も経験してみたいと思って就職活動を始めたのですが、私の周り(薬学部)には企業への就職希望者が少なく、不安でした。母に不安をこぼすと「ダメだったら運命じゃなかった、また次がある」と励ましてもらっていました。

皆さんが「ツムラに決めた理由」は何ですか?

Sさん

会社説明会や面接会場で会う社員の方が気さくで、職場の雰囲気が良さそうだと思いました。ツムラで働いているゼミの先輩から「ツムラは働きやすいよ」と聞いていたので、自分の働く姿や職場の雰囲気をイメージできたのが1番の決め手です。

Hさん

私も面接やその会場の雰囲気が良かったことを覚えています。色々な会社へ面接に行きましたが、そのなかでも、ツムラが1番自分を飾らずに話せたので、自分に合っていると思い、入社したいという気持ちが強くなりました。

Nさん

私自身、漢方が好きで、漢方の良さをもっと多くの方に広めたい、薬学部で学んだ知識を活かしたいと考えていたので内々定の電話をもらえた時は本当に嬉しかったです。

Cさん

私は「心から良いと言えるものをたくさんの方に勧めたい」という軸で就職活動を行っていたのですが、漢方薬は自分が服用した時に効果を実感したこともあり、まさに私の想いにマッチしていました。

Yさん

確かに、他の薬では取って代わることができない漢方薬って凄いな、魅力的だなと思いました。MRとして漢方薬や漢方医学を普及する仕事はやりがいがあるぞと思い、ツムラに決めました。

「自分の働く姿や職場の雰囲気をイメージできました」

入社後すぐに始まった新入社員総合研修はいかがでしたか?

Nさん

時間への意識が変わりました。学生時代は授業によく遅刻をしていたのですが、研修を経た今では「5分前行動」が身につきました。

Hさん

研修中は、礼儀に細かいなぁ、と正直思っていましたが(笑)、現場に出たら周りは皆、非常に礼儀正しくて。改めて良い人間関係を築くには、礼儀やマナーはとても重要であることをとひしひしと感じています。

Yさん

お辞儀ひとつとっても、「こんなに気を遣うポイントがあったのか」と驚きました。その他にもグループワークやゲームで仕事の進め方を学んだり、今、とても役に立っていることが多いですね。

Cさん

外に出れば、新入社員かどうかは関係なく、私たちは会社を代表しているということを学び、行動一つ一つに責任があるんだという意識が芽生えました。

「良い人間関係を築くには、礼儀やマナーはとても重要」

では、半年にわたるMR教育研修は大変でしたか?

Hさん

勉強が辛かったです(泣)毎朝のテストで不合格点をとると、胃が痛かった!当初は点がとれず、勉強は本当に大変でした。でも同期の仲間の励ましや協力を得ながら、必死に勉強したかいがあって、MR認定試験に合格し、ホッとしたところです。

Nさん

薬学部出身ということで、テストの点数が良いのは当たり前って思われたり、グループ勉強の時には教える立場になったり、プレッシャーを感じることもありましたが、同期の仲が良かったからか、楽しく過ごしていたというのが本音です。

Yさん

最初は共同生活に不安もありましたが、本当に楽しく過ごせました。余談としては、研修は合宿形式で食事付きだったので、結構お金が貯まりました(笑)

Sさん

そうそう、楽しくて研修所から出たくなかったです(笑)

「同期の仲が良かったからか、楽しく過ごしていました」

研修後、配属されてから約半年、MR活動はいかがですか?

Sさん

研修所では同期の仲間がいて楽しく過ごしていましたが、実際の現場は一人で行くわけですから、かなり覚悟が必要でした。

Yさん

はじめのうちは、分からないことだらけという感じです。今は開き直って、とりあえずやってみるという気持ちで臨んでいます。

Hさん

名刺を突き返されたり、目も合わせてもらえないという経験もしましたが、今は飛び込みで、初めて訪問する施設にもどんどんまわっています。体育会系なので、体力には自信があるんです。

Cさん

私は今まで先輩が築いてきた信頼を崩したくない!というプレッシャーと先輩への感謝の気持ちを日々感じています。今は私らしく先生と向き合いたいと思い、医師に宿題を出されたら次の日には答えを持っていく、定期的に医師に会いに行く、そんなルールを自分で決めて頑張っています。

「私らしく先生と向き合いたいです」

職場の雰囲気はどうですか?

Hさん

私の所属している営業所はワンフロアーに100人ぐらいいますが、上長がちゃんと見ていて、落ち込んでいる時には「ご飯に行かないか」と声をかけてくれたりします。また困った時には相談するとすぐに対応していただけるので、思い切って仕事に取り組めます。

Nさん

私はこれまで全く縁のなかった山口県に配属され、最初は不安でしたが、夜、営業所に戻ると先輩が今日の出来事を聞いてくださるので、疲れていても、「よし、また頑張ろう」って思えます。

Yさん

私も同様に、トレーナー(※)に一日の報告をするのが癒しの時間です(笑)

Sさん

私も「調子ええか?」「困ってないか?」と声をかけてもらえます。皆が支えてくれる環境は本当に有難く、心強く感じています。

(※)トレーナー:配属されてから約1年を通じて指導・教育を担当する先輩社員のこと。

これからの目標やキャリアプランはありますか?

「先輩と肩を並べられるぐらいに成長したいです」

Yさん

「これぞツムラMR!」というような目指すべき先輩が職場にいます。まさに「漢方医学と西洋医学の融合」を実践していて、豊富な知識に驚きます。自分も勉強して、経験を積んで、先輩と肩を並べられるぐらいに成長したいと思っています。

Sさん

私にも尊敬する先輩がいます。いつでも丁寧に指導してくださるのですが、いつかその先輩から受け継いで大学病院を受け持ちたいという目標が出来ました。

Nさん

同行させてもらった先輩女性MRの方が本当に明るくてパワフル!医師がその先輩の来るのを待っているぐらい信頼されているのを目の当たりにして、私も医師から訪問を喜ばれるMRになりたいと思っています。また、その先輩は子育てとの両立もされていて、女性としても憧れています。

Cさん

私は漢方薬で女性の健康を支えたい!と思っています。女性のヘルスケアのスペシャリストとしてイベントを企画し、実施していきたいです。

Hさん

私は体育会系だから、「足で稼ごう!誰よりも面談しよう!」と決めています。自分の強みを活かしながら、医師に信頼されるMRになりたいと思っています。

キミの未来はツムラの未来
ツムラの未来は漢方の未来