文字サイズ

検索

ツムラの原動力/ツムラビト

未来へ種を蒔く

職種:生薬研究 ツムラ研究所 2011年度入社

「ワーク・ライフ・バランス」

ツムラ生薬栽培担当者としてのやりがい

入社以前は公的研究機関に勤務し、主に菌類の基礎研究に携わっていました。

現在は生薬(菌類)の栽培研究に携わり、基礎研究から応用研究まで幅広い業務を担当しています。私達の使命は、患者様に漢方薬を持続的に提供する為に、安全安心な生薬を安定的に供給し続ける事です。試験研究を通して漢方薬の根源を支える生薬に携わることに責任感を感じると共に、基礎研究で積み上げてきた自分のアイデアが応用研究として形になることにやりがいを感じています。

仕事をする中で、ツムラの強みは全国各地の薬用植物(菌類)生産者の方々の協力と信頼に支えられていることだと実感しています。産地へ赴く機会も多いので、様々な人々との出逢いがあります。時には、農村の高齢化、過疎化など地方の抱える問題に直面し共に悩むこともあります。

しかし、国内で薬用植物の栽培を促進することによって、日本の農業や地方に少しでも活力を与えることができ、それが国民全体の健康に貢献できることに誇りと気概を持って日々仕事に向き合っています。