文字サイズ

検索

成長の道標(みちしるべ)/研究部門

研究部門の新入社員研修

ツムラで働く上で必要な知識・技術・考え方を身につけるとともに、「すべては患者様のために」の意識を醸成することを目指し、 自ら考え行動する「プロフェッショナルな人財」となる基礎を築きます。

「新入社員総合研修」後、研究職や技術開発職として配属される新入社員は、茨城研究地区で研修を約6カ月行います。研究各部門での「業務実習」、仕事をするにあたっての心構えを学ぶ「講話」、業務に必要な知識・技術を得るための「講義」、「漢方教育」「ビジネスマナー教育」「MR同行研修」などがプログラム化されています。 経験は人を成長させるというテーマのもと、多くのことを学べる内容となっています。

「すべては患者様のために」

研究地区では、安定した品質の漢方薬を供給するために、基礎研究、製剤開発、分析技術、生薬栽培、生産技術の各分野が一体となった研修を行っています。
漢方薬の原料となる生薬が栽培される畑から、漢方薬となって患者様のお手元に届き服用していただくまでの様々な工程で教育・研修が組み込まれています。ツムラの漢方薬がどのように処方されているのかを学び、現代医療における漢方薬の役割を理解していきます。

  • 薬用植物(生薬)を学ぶ様子

自ら考え行動する
「プロフェッショナルな人財」

今後の業務に必要な知識・技術を修得し実践するのはもちろんのこと、会社方針や各部門方針、各部門の専門性と業務のつながりなどを理解することを通じて、自部門や自分自身に求められる役割を理解していきます。
自ら考え行動し、新しい道を開拓できるプロフェッショナルな人財を育成することを狙いとしています。

考える力を養うためのディスカッション