文字サイズ

検索

08.新医薬品産業ビジョン

厚生労働省の医薬品産業ビジョン(医薬品産業全体の将来像)

画像を拡大する

  • 2002年の公表から5年後、2007年公表の新医薬品産業ビジョンにおいて、「ベーシックドラッグファーマ」が新規に追加された。
  • 医薬品産業ビジョン2013では、「基礎的医薬品メーカー」として、「生薬・漢方薬メーカー」の将来像が具体的に明記された。

(抜粋)基礎的医薬品メーカー
これまで「ベーシックドラッグファーマ」と言われていた、医療を支える基礎的な医薬品、必須医薬品又は伝統的な医薬品(例えば、ワクチン、輸液、生薬・漢方製剤、外用製剤など。)を製造する企業については、引き続き今後も質の高い製品を安定的に供給していけるような企業体質の強化が求められる。