文字サイズ

検索

21.安全な生薬の安定確保

中国
今後も主たる調達国
日本
国内栽培の強化
ラオス
国内栽培の強化

現地法人を設立※

※ラオツムラ

商号
LAO TSUMURA CO.,LTD.
設立日
2010年2月19日
主な事業内容
生薬栽培と生薬調製加工
出資比率
株式会社ツムラ(100%)

原料生薬の調達状況について教えてください。

FAQに戻る

中国:日本:東南アジア=約80%:約15%:約5%の割合となっています。
また、新規調達国としては、ラオスで生薬栽培の目途がたち、2009年度に現地法人ラオツムラを設立しました。 それぞれの地域での生薬の栽培方法・栽培管理の統一化を実施し、生薬安定確保のため、長期契約栽培の拡大を継続して進めるとともに、中国および日本における栽培面積の拡大を図ります。